スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
色々あります夫婦の間に
       「色々あります夫婦の間に」

   先日、夢のクラスに行く途中のことです。突然、コンロの火を消しただろうか?と思ったのです。運転しながら。。。まずいとおもいました。余裕を持って家を出たものの、戻って確認していたら遅刻です。

   それでも、家に帰った方が良いと思いました。隣の夫はしらーっとしています。それでも、「帰るなら早い方が良いよ」と、促してくれたので、道を回り込んで帰りました。「玄関の鍵は持っているの?僕が行くより自分で確認した方がいいよ。車で待っているから、行ってきなさい」と、ベテランカウンセラーかしら?と思うような、分け知りの鷹揚さ。おぉ、いやだ。いやだ。。。。。

   当然消し忘れもなく、おうちの精霊さんも手持ち無沙汰の白河夜船で森閑としていました。

   再びクラスへと向かう車中、「電話してくれる?」と頼むわたしに、「なんて言うの?」と訊くので、「そのまんま」と返したら、「確認強迫神経症がぶり返したので、遅れましたって言うの?」だって!!!

   嫌みな彼の言葉にあきれはしたものの、彼のイライラがここまで落ち着いたかと、感慨があります。夫婦です。ときに嫌みを言い合います。怒らせないように、でも、バカバカしい自分の問題にどっぷりだよーんを、悟ってもらえるように。わたしが言う時は嫌みも薄め気味に(と、思うのですよね)。

   このところ最終的にはわたしの我慢が重なっているかもしれません。わたしの人生の流れの方が上向きですから。

   夫は、ここ鎌倉に越して直ぐパニックのように、「家にいたくない」を繰り返していました。音恐怖症です。いまは総ての問題が解決し、静かな生活ですが、越してきた当時、アパート仕様の上下二世帯の木造住宅で、二階に住む見知らぬ大人4人の生活音は、彼の神経に耐えられなかったようです。大家さんのご親切で寝るのは母屋とさせていただいたのに。気が違ったかしらの場面が多々ありました。

   この鎌倉での三年間、彼に取っては厳しい状況でした。それに引き換えそれまで八方ふさがりだったわたしが、こちらに移ることで社会に居場所を見つけることができました。山の中の三年間はわたしに辛く厳しかったのに、わたしを気づかって引っ越しをしてくれた彼にとって、それがあだとなったような現況です。

   わたしたち夫婦に起きたこのプロセスは、互いの統合へのステップを一段一段噛みしめるように歩を進めているところだと、感じ入っています。

   とはいえ、嵐の真っただ中の状況ではこんなわずかな文章さえ、ものにできません。三年をめどに落ち着いてきました。いまは、確かにわたしが彼を支えるときなのだと、あざなえる縄の如き役目の交換に納得しています(こんな時のわたしの夢は、めくるめくラブアフェアーの連続です?!知りたいですか?)。

   しかしです。しかし、天の配剤は絶妙で罠も巧妙にしかけられ、夫に向けては、思わず怒りのタンカを切りたくなる時だってあります。自分の不甲斐無さを棚に上げ、尻まくれたらどんなにすっきりするだろうと思うことだってーーーーぇーーーっ。

   そんなときは、自分がいかに優秀で、精神的にできた人間で、愛に満ちあふれた人間か!とうぬぼれで一杯。そうなんです。わたし。

   彼が、静かに、夢に取り組むわたしを、「それって君の才能だと思うけれど」と言ってくれたこと。自信のかけらも無くしたわたしを、淡々と支えてくれた時があったこと。

   10年も昔。「それって確認脅迫神経症だよ」と、面と向かって言ったくれたとき、ほっとしたこと。その言葉の上に、「罪悪感は必要ない」と言い続けてくれた毅然とした夫の態度。

   これらが双方の心の錬金術の一過程を可能にしていると思っています。それなのに、ときに自分の問題に夢中になって先が見えなくなってしまう今の夫が不甲斐無い。下手な文章、分かりにくい話しで申しわけないけれど、これをブログに載せる勇気がいまのわたしに必要です。

   話しを戻しましょう。10分遅れでクラスに急いで辿り着き、夫が来ない間に言いましたとも。「確認強迫神経症がぶり返したので、遅れましたって言うの?」って言われたって話しを。生徒さんの前で。

   当然、「ええっ!」の大合唱。

   これでこの日、テーマは、夫婦の錬金術と相成った次第です。無駄は無いと言うか、これも天にしかけられた罠でしょうか。

   わたしもクラスではよそ行きを脱ぎます。脱がされます。脱がないとクラスをやって行けません。それに夫婦の話しってアップデイトな話しですよね。これから勇気を出して自分を語らなくチャと思っています。でも、気楽にやります。等身大で。
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/05/27 17:08 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
夢職人と納得したこと
       「夢職人と納得したこと」


   先日、美容師さんがわたしにカットをしながら、こんな会話をしてきました。

   「わたしのお客さんで、マジェンタの初夢会にでられた方が・・・・」

   このあと、美容師さんがおっしゃった詳細を思い出さないのですが、お得意さん連鎖の話しだったように思います。初夢会のゲスト講師としては、軽く緊張しました。この美容院はお得意さんだけでやっています。わたしも紹介してもらって客になりました。

   わたし、人の顔を覚えられません。不得意な『外見』に話しが及んだらお手上げです。案の定、どんな方ですかというわたしの問いに、「髪の長い人」という形容が。。。。。

   この美容師さんが、前もってお客さんに初夢会のことを話して下さったので、その髪の長い人は五ヶ月前初夢会に出席して下さったのです。失礼があってはならないと身を堅くしました。

   全く思い出す兆しもないまま降参するところでしたが、「その方の夢分かります?」と聞き返しました。このアイディア、自分から出たと思えない早さで言葉が出ていました。

   するとどうでしょう!これこれの夢ですと即答が?!美容師さんと顧客って他の業種には無い度合いで親しくなるものなんですね。

   夢が分かればこっちのもの。この夢主さんの大体の像が思い出せます。それで、この美容師さんと髪の長い人に付いて失礼のない話しを続けることができました。

   そのとき、美容師さんはわたしに「さすが!」とおっしゃってわたしを気持ち良くしてくれたのだと思いますが、わたしもこの自分に感心しました。わたしって夢職人だなぁと。それも一流かもね。言いっぱなしの、たまのうぬぼれは精神安定剤です(笑)。そうそう、美容師さんと、専門職特有の醍醐味についていっときワイワイやりました。やりましたぁ。。。。

   職人てこんなもんですよね。自分の分野ではものごとを尋常じゃないほどに記憶が良かったりするけれど、それを離れては普通。わたしなんかは普通以下(お会いした方が眼鏡をかけているかどうかも記憶に留まりません)。

   ものはついでです。他にも自分で「さすが夢職人!」と思ったことがあります。それは、10年前の夢でも、夢を話して下さるとそれを思い出せること。また、何年経っても夢の話しになると、その方が最初に話した夢を思い出せること。その上、最初の夢と現在の夢の変化がわたしの思考回路をフル回転させることです。これ以上はあまり言わない方が良いかもしれませんね。いろいろ分かります。その人のテーマってあまり変わらないので、過去と現在の両方の夢の違いで、その方の軌跡を垣間見られます。

   ここからが本題。先日も「わたしって夢職人だなぁ」と胸に沁みる体験をしました。夢を伺っているうちに夢に対するわたしの理解度がアップしたのを実感したのです。夢の話しをじっと聞いているうちに、何だか心がどんどん満たされて、なかから沸き上がる思いをそのままに。。。これだなと思ったのです。夢の話しを伺っているうちに、次元を超えた聖なる思いを体験していると思えたのです。

   こういうのを夢の神様と握手すると表現しているのですが、いつもは一瞬ですが、このときはじっくりゆっくりこの豊かな状態が続きました。思わずうれし涙が。。。。。

   これは理解度が上がったことだと、自分が自分に下せる評価です。その道の職人が、その道でしか下せないものかもしれません。とどのつまり、自分が自分にしか下せない評価でしょうか。これは画家である夫が、ときにある技術を習得できたとか言う、それと同じで、その道の専門家にしか分からない醍醐味です。その体験が降って湧いたようにありました。うれしかったです。その話をしましょう。

   恐らくその方との相性とか、夢の内容とか、様々な要因が理解度を上げてくれたのだとは思いますが。。。。。

   その方はその分野で特異な技術をお持ちです。このわたしの尊敬の眼も夢への理解度を上げてくれた要因のひとつでしょう。なんとも素敵なのは、ご自分の仕事を大切にされていること。その方に許可を戴いていないので、獏とした表現を使うしかないのですが、態度と振る舞いから仕事を通してこの世に奉仕をすることに一点の迷いも感じられないこと。それ以外には興味がおありにならないようで、技術を挙げることに夢中で居られること。謙虚なこと。すごいなぁと思います。わたしもそうありたいと、この方を思い出す度に身を正しています。 

   いくらか怪しげな話しに聞こえますか?夢は次元を超えた通信網です。夢が超意識から来ていることに一点も疑いを持たないわたしからすると、真我のその核から発せられている夢には、それを信じるだけで治癒の効果があります。そこには精妙な聖なる力がはたらいています。

   そのとき話題にあがったその方の夢には、亡くなられた息子さんが登場します。お互い霊として、夢の中で細やかなやり取りが、おふたりの間で続いているようでした。しかしこのやり取りを変化させる為に、わたしとの話し合いが必要だと、天の方で塩梅下さったのでしょう。

   いまこのときこの高い次元を超えた聖なる愛のやり取りは、この地球を救うだろうというのが、わたしの思いです。恐らく、いまこのとき多くの方がこれを体験されているのだろうと思っています。普通のこととして。。。。。話しが飛びましたか?

   あらゆる現象に感謝の念を持ちましょう。行き着くところはそれなのですが。目に見えない高次との愛のやり取りが、夢でも起こっています。それが益々濃く深くなっていると思えます。

   いままで言葉にすることはなかったけれど、考えてみれば当たり前のことでした。もともとわたしたちは霊(スピリット)としての存在なのですもの。 

   夢に関わってきて、わたしたちは次元を超えて大きく豊かに存在していると思えるようになりました。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/05/19 10:46 】
夢活用法 | コメント(0) | トラックバック(0)
無上の喜びを感じることが多くなりました
   「無上の喜びを感じることが多くなりました」


   ここに来て、「なんたる幸せ!」と思うのです。

   なにがどうでもなく、ただ「なんたる幸運?!」と突然思うのです。脈絡はありません。

   心配事も言ってみれば、山ほどあり、この身を恥ずかしく思ったり、わたしが存在することで、ご迷惑をかけた人々にお詫び行脚をやってから、この世をさよならしようなどと、くだらないことを考えたりもするのですが、ときにただただ幸せを感じます。

   無上の喜びを感じる回数と中味が濃くなりました。

   これを文字で説明するのは難しいです。夫婦喧嘩の真っ最中胸が心配でどきどきしていたって、「なんたる幸せ?!」と思うのですから。心のなかの別次元で感じていることでは?と思われる方もおいでかもしれませんが、そうでもなさそうです。伝わるとも思えない言い方ですが、body mind & spirit で「幸せ!」と感じているようです。

   人生の目的ってこれなんだと思います。「幸せ?!」と思う回数やその深さを一定量満たせば、人生の目的は達せられるのだと。悟りはそのオプッションかもしれません。いえ、わたしはそうだと思っているのですが、言い切るだけの自信はありません。この人生まだ時間は残されているので、少し先に行くともっと素敵な気付きがわたしを待っているかもしれません。。。。ので。

   で、この気付きの芯にあるメッセージですが、それは、人生は体験することと覚えたり、です。これ、確信に近いものがあります。失敗を恐れず体験すること。あるいは、失敗の先の小さな成功は追い過ぎず、次の体験に行くのが好いかもしれません。これも現世的成功ではなく、なかで「わかったぁ~!あぁ生きるってこういうこと!」っていう、それ。。。

   これは、人間関係と自然を前にしたときにしか経験できません。

   夢にかかわってきて、実体験こそ人生の目的であり成長の素だと思います。

   誰に言いたいのでもない。自分に言いたい。自分に言って、自分を慰め、自分をいとおしむ。

   たくさん体験をしましょう。楽しいことも、嫌なことも。幸せも不幸せも。ときにだらけても好い。落ち込んでも良い。しかし臆病にならず、気楽に次の体験に移りましょう。

   小さい時から今に至るまで変わらぬ考えが幾つかあるのですが、そのひとつに、「悟性への距離は皆同じ」というのがあります。いまこの瞬間に生きている人が持っている悟りへのチャンスは、いつも平等で同じ距離にあります。ここには貧富の差も、知識の差も、教養の差も、経験の差も、ましてや(?!)人柄の差も、長幼の差も、あれやこれやの差もありません。望めば直ぐ体験できることでしょうか。

   この「望めば」というのが等距離を意味しますよね。こう説明すると、これってなかなかな考えと思えます。でも、惜しいことにこの表現だと、わたしの感じ方といくらかずれるかな、とは思いますが。

   説明が難しい。もう少し説明を加えると、「悟る自分の前に誰もいない」のです。前例になるものは存在しないだろうとわたしは思っています(これもまた分かりにくい表現ですが、先に行きます)。悟りへの何かがあるとすれば、背中を押してくれる自分の体験だけ。これでいくらか伝えたいことが説明できたように思います。

   わたしに誰かがこの気付きを教えてくれたのではありません。単に物心付いたときにそう思い、いまに至ってもこれは変わらないというだけのことです。

   ちょっと乱暴ですか?かもしれません。変わらぬと言えば、こんなこともあります。人は生まれる前に、一抱えの(様々な)感情の詰まった袋を背負わされていると言うものです。もうちょっと正確に云うと、これは生まれるときの祝福に、天が下さる贈り物です。一生のうちにこの袋を空にする感情体験をして、「一丁上がり!」になる訳です。

   これがなかなか難しい。悟りよりこの感情体験をする方が難しいかもしれません。

   証拠もありません。いままでこのふたつの考えを公にしたことは無いので、反論ももらっていませんが、いまこのときこんな考えがあると表明してもいいかなと思いました。

   時代を感じるわたしの感性が、ゴーサインを出したのでしょう。
そしてもうひとつ、物心ついて後変わらぬ考えが体験から生まれています。

   それは、小学生の低学年。毎日毎日が辛く緊張の連続で、寝床に入ってひとり興奮した心を鎮められないときに起こることでした。カラダを脱ぎたいほどに、肉と心の衣は疲れでいっぱい。ただただじっと凪いでいくのを待つだけ。そのとき極を体験すると、しばし周りのすべてが数学の法則性だけになるのです。幾何学的正確さのなかに、自分が浮いて存在しているのです。

   わたしもこの法則性のなかにいると、知りました。これは気付きでしたが、この後つぎからつぎに大病が待っていました。人生のはじめに真実を知って、実体験が後になった訳です。この体験をしたことで、苦の真っ最中でもどこかあっけらかんとしていられたようにいまは思います。大幅にはしょった話しですが、先に行きましょう。
   
   夢からのメッセージは、行動に移せないと夢に取り組む意欲が萎えてきます。極端なことを言えば、夢なんか無くていい!!!でも、夢があるから、夢に取り組むことで、自分がこの法則性のなかに居ることを知ります。

   半世紀過ぎて、この三つの気付き(考え?)は変わりません。長幼の差って案外ないと思うのです。その証拠として、この三つの考えが変わらないのだと。 

   体験(の体得)だけが生きること(価値)なのだと、今は確信しています。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/05/12 05:39 】
夢活用法 | コメント(3) | トラックバック(0)
娘は母を求めて、遠ざけて
      「娘は母を求めて、遠ざけて」


   このタイトルは、婦人公論5月7日号の特集記事から取りました。良い時代になったと、胸に沁みます。実の娘と母親の関係にも葛藤があると、表立って雑誌で扱う時代になったのですから。

   先日の夢のクラスで飛び出したテーマに近いものがあり、購入しました。臨床心理士の信田さよ子さんと漫画家の萩尾望都さんの対談がメインです。『30歳のころ、「今後いっさいわたしのところに泊まりにこないで」と母親に言い渡した』萩尾さん。『NOと言えたことはすごいこと』と、信田さんの賞賛の返しがあります。

   確かに、30歳で絶縁も覚悟の娘はそう滅多に居るものではないけれど、文字になると軽くて好いなあと思えてしまう。決しておふたりが軽々しく生きておいでとは思いません。むしろ果敢に挑んだからこの対談がある訳で、これを読んだ多くの女性は気を楽にするだろうと思います。そして母親に向かって自分を通そうと、背中を押される感触も覚えるでしょう。

   しかし雑誌で扱える範囲が、この話しを軽くしているのかも知れないとも思ったのでした。

   戦後の日本の価値観は激しく揺れて、女性を一面強くし、社会的評価は得易くなりましたが、その分現代の女性は孤独をかこっているように思えます。

   人生のどこに結婚を置いて良いのか、分からないからでしょう。結婚を考えると、いままでの自分だけ頑張ればという経験や価値観が適応できません。恋愛はまだしも結婚を考えると、混乱するようです。その原因が自分にあると薄々は分かるのだけれど、結婚を後回しにするのは逃げなのだと、気付けません。そこ迄女性の心は強く社会に適応しようと行き過ぎてしまったように思います。多くの女性が微妙に、胸を引いています。もったいないと思います。

   夢のクラスではこんな道筋で『娘は母を求めて、遠ざけて』に近いテーマに触れたのではありません。じっくり回数を重ね、自分の夢を毎回ひとつずつ出し合ってみんなで話し合っているうちに、そこに触れたのです。母親に触れるのも、プロセスです。終着点でもなく、原因が見えた訳でもありません。

   見えてくるのは、生まれる前の計画。しっかり見えてきます。そして、娘も母親もタイトな関係で母と娘であることも見えてきます。その関係は、鍵と鍵穴のようにぴったりハマって、重い扉を開ける責任を分担しているようにも見えます。NOと言うこと言われることで、見えなかった扉を開けるのです。どちらも最も大切な目的をおざなりにしていると、気付くところに行き着くために。。。。。

   夢のクラスではその辺を案外とゆっくり、さりとてしっかり変容のダイナミズムを体験しています。

   それから受講生の中には、夫婦の醍醐味を味わう段階に誘われているカップルが増えています。これも時代なのでしょう。確かに現在社会は成熟度を増しています。素敵です。

   また、通信講座をやってみて、受講生とのやり取りに感動しています。始める前に予想できなかった利点も幾つかあります。そのひとつにわたしの文章が分かりにくく、理解が難しいけれどもうひとりの講師の添削で意味が分かったとコメントをくれる受講生がいます。また、わたしのはすーっと入っていかないけれど、他の講師のはすんなり受けとれると、わたしとしてはしてやったりの感想もあります。

   総てではありませんが、講師ふたりが添削に当たる態勢ができてきました。

   人の数だけ視点はあります。講師が違えば論点も違い、受けとれる人受けとれない人がいて当然です。夢の意に違いは無いけれど、スポットライトの当て方が違い、受講生はその両方からヒントを受けとることで、より鮮明に意を受けとれます。

   さて、まとまりの無い話しになりましたが、この通信講座のやり取りを公にできる日がくれば、多くの人がほっとして元気になるだろうと思っています。早いうちに形にするつもりです。

   そんな風に思えるほど、通信講座はわたしに自信をくれました。本当にありがたいことです。それに、受講生の中には通信講座を受けている途中から夢のクラスに鞍替えした人が何人かいます。ご自身の夢がクラスにと誘ってくれたのです。

   夢は自由意志の実行あるのみで、最終的にはその人がなにをどう行動するかで、夢の価値が決まってきます。わたしも含めてゆっくりドラマチックに、そしてちょっと気楽に進んでいます。

   無理のない形で、多くの人が時を得て自分の夢に誘われ、夢に取り組むようであって欲しいと願っています。

   総ては自然な流れの中で大胆に動いています。感動です。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/05/04 13:45 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。