スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
『夢活用』講座 in 日本エドガーケイシーセンター
     『夢活用』講座 in 日本エドガーケイシーセンター

   ケイシー療法で健康体を取り戻したわたしは、日本エドガーケイシーセンターが設立された頃に会員になりました。ケイシーさんへのお礼のつもりでした。設立に加わった訳ではなく、毎年会費を払うだけの会員です。それももう20年ほど前のことです。運営側にいない気楽な立ち場は、いまも気に入っています。

   いつの頃からか機関誌に夢の記事を書かせてもらっています。それも10年は超えているはずです。しかし、講演の数は2度程。それもかなり前です。いままで夢は人気がありませんでした。

   ところが一昨日(6月28日)、代々木の国立オリンピック記念総合センターでケイシーセンター主催の『夢活用』講座に講師として招かれて、ワークショップをやってきました。

   時代の変化を感じます。長々自分史をみなさんの前で話したのもはじめてでしたし、男性受講者の前で心の機微について話すのも緊張しました。それでも後半は自分流を貫き、わたし自身ワークショップを楽しむことができました。

   時代の変化を実感したのは、ワークに移って、自分の夢の絵を白板に全員張り出すころからでした。それまで遠慮がちだった全員の気がいくらか緩んで、作業を楽しむみなさんを感じ取ることができたからです。夢のワークという恐いもの見たさが、人の集まりの熱気で自分を開く心地よさに変わっていったのでしょう。男性にとってはカルチャーショック位の衝撃はあったと思うのですが。。。。。それを軽く受け流せる殿方たち淑女たちでした。時代はやっぱり手応え有る実が欲しいのですね。

   受講生は、小学生から最年長は70代と思われる年齢層の幅の広さにも関わらず、講師のわたしはそれを斟酌せず話を進めました。みなさんもどこかで吹っ切れたのでしょうか。クレヨン画の不自由さが子ども心に戻してくれたのかもしれません。

   夢の話しは人前で話すだけで、はじめは緊張します。勇気のいるものです。

   当然、会員さんたちは夢の何たるかを一応勉強されています。知識としては充分理解されています。自分を知る為の道具であると、ケイシーははっきり言っているのですから。

   本当のワークは実際の夢の取り方に移ってはじまります。例題として最初に手を上げた方が青年でした。この方の目を見て、「今日はこの場面で成功だ!」と、思えたものです。

   女性より構えの強い男性が、率先して名乗りの手を上げるのは、勇気のいるものです。会場に来るまでにいろいろな思いや葛藤があったはずです。

   それを押さえての挙手です。わたしも万感の思いを込めて応援しました。正にこれだけでも彼に取ってはブレイクスルーでしょう。彼の態度は後に続くみなさんの勇気づけになりました。

   さて、これまでのわたしの経験からすると、その時その時で会場はひとつのテーマに集約されます。それなのに今回だけは、夢をひとつひとつ扱っていくうちに、テーマや課題や問題や夢の切り口が、ひとつにまとめられない広がりを見せてきました。

   わたしの当初の意図ではグループ分けをして、みんなで夢を共有し、ワンネスの理念を体験することでしたが、爆発したように夢の治癒力は多様でした。夢の多様性を知ることで、それぞれの可能性の広さを知るのがテーマだったのでしょう。

   はっきりと洗腸を促す夢(!)があるかと思えば、夢からライフシールというアートを描くようにという、具体的な示唆もありました。

   ひとつ、わたしにとって勉強になったのは、「星」の意味です。いままでの理解では、「星」は、自分から発した光がブーメランのように遠くに放たれ、その光が悠久の時間(=記憶の外の理解や時間)の後、ふたたび自分に戻ってくるという壮大なものです。

   今回の会場では、二人の方が星の絵を描きました。それを見ながら、わたしが今回理解した「星」は、以上に加えて「魂の約束」でした。魂の約束で出会った人々、魂の約束をもって計画しているテーマ。そこに意識の光を当てるようにというので、星の夢を見たのです。夢の雄大さと優しさは抽象的でなく、具体性を持って訴えかけてきます。特に魂の約束で出会えた夢では、会場のみなさん一緒に胸に沁みる思いを分かち合えたと思います。

   わたしもケイシーセンター主催のワークショップで、再びのデビューを飾りました。これが魂の約束だったのでしょう、か。

   ワークショップ後、親睦会でたくさんの方々に囲まれ、再び夢の話しで盛り上がりました。

   出席下さったみなさんありがとうございます。この流れで夢を勉強されて下さいね。

   
   そこでお知らせです。嬉しいことに、「ジュピター」の歌詞で知られる作詞家の吉元由美さんが夢のコースをプロデュースしてくれました。嘗ての受講生がプロデューサーとして加わってくれたのです。

   『夢のワークショップ・ビギナーズコース』です。少人数で毎月一回日曜日、贅沢な自分探求の為のゆっくりな一日コースです。自分が何を望み、いまはそれに向かって何処にいるか、いまの心象風景はどうなっているか、何を避けてその実現を難しくしているか、自分の長所は何でどう使えば好いかなどなど、夢が得意とする問題解決法を読み解くコースです。

   時代は自分の心の中を見るよう促しています。最も大切なのは、自分の意見を適切に表現できることです。夢はそれを教えてくれます。

   お問い合わせは、日本エドガー・ケイシーセンター(03-3465-3285)にどうぞ。

   

スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/06/30 10:16 】
ワークショップ | コメント(0) | トラックバック(0)
6月からの怒濤の進化
       「6月からの怒濤の進化」


   こういうこともあるのですね。どんなに努力しても道は開けなったのに、いまわたしの目の前は道が開けています。(この展開に油断なくいましょう。そして、流れを楽しみます。)

   意図はしていた展開だけど、想像はできなかった道筋で、夢が実現しています。祈りは叶えられる。けれどその方法については神にお任せなさい。という意味の言い伝えがありますが、正にそれです。

   吉祥寺の「オープンハーツ」(http://open-hearts.net/information/)でクラスを設けることになりました。開講は来月7月です。ご一緒に一年間しっかりドリームセラピーを学びましょう。空席わずかです。時間も夜間にしました。このクラスを待っていて下さった方が、これを読まれるでしょう。交通の便が良いところです。お問い合わせ下さい。

   また、6月28日、次の日曜日はケイシーセンター主催で夢のワークショップを国立オリンピック記念青少年総合センターで行います。お問い合わせはこちらにどうぞ。
電話:03-3465-3285 ファックス:03-3465-3263



   広島に行ってきました。夫と二人で。二泊三日の講演旅行です。何と格好のいい文面でしょう。それも、それも主宰者の鈴光美恵子さんが前日宮島を一日ご一緒してくれて、かゆいところに手の届く神社案内をして下さったのです。

   再び、ドリームセラピストとして世に受け入れられる、その印が二年半前の江島神社に参拝する夢でした。江ノ島と同じ宗像三女神が祀られている広島でワークショップをさせていただくについては、どうしてもこちらにご挨拶をしたいと願っていましたので、すずさんのご案内は願ったり叶ったりでした。

   現地で体験しなければ分からない、三女神の神殿は想像もできない不思議なお住まいです。

   広島の駅ですずさんに出迎えてもらったとき、荷物をロッカーに入れて、身軽になって、宮島を目指すことにしました。

   これが安易な考えであったのに、わたしたちは気付きませんでした。それが意味のあることだったと、後で気付きます。

   フェリーで宮島に渡ってからは、宮島の優雅さに魅了されました。優雅という言葉だけでは表しきれないいろいろがあるのですが、ここでは、夫の釣果についてお話しましょう。

   宮島に泊まれることをすっかり忘れて、広島駅に荷物を預けたわたしたちは、再び広島駅に引っ返しました。戻って、宮島へのフェリーに乗る頃は日暮れて、海に浮かぶ厳島神社の鳥居はライトアップされていました。その両側に灯ろうの灯が長く真横に並びます。見たことのない幻想の世界です。

   この景色を見るために荷物をロッカーに入れたのだろうと、その夜はそこで納得したのですが、昼間鳥居の下は潮が引いてその下をくぐれました。太い鳥居の柱一本一本の迫力は、他にない強烈さでした。昼間の鳥居と夜の鳥居の姿。地続きの地に立てられた鳥居と、海中に立つ鳥居。

   そして次の日、フェリーで宮島を出るその船上。夫は胸を抱えて苦しみます。わたしのちょっとした表情と行動に傷ついたと苦しむのです。心臓が痛むのだそうです。彼の執拗な説明にそんなものかと、半分反省に半分、そうですね、何だか平静でした。

   後になって、彼はこれが単に彼の心の癖で自分を自分で追い込むそれだと胸に落ちる体験をします。

   はっきりと何があったのかはお話しできませんが、これは彼の本当に大きな釣果でした。夫婦ならではの納得する釣果です。

   数ヶ月前、親しい方がわたしたち二人の夢を見たと話してくれました。その夢では、広島に釣りに行く夫をわたしがニコニコと送り出しているのだそうです。見ず知らずのすずさんからのワークショップの申し出に直ぐ乗れたのも、この夢があったからです。

   それがあっての広島行きです。彼に取って、広島滞在は魚釣りになるはずです。秘かにふたりで何かがあることは分かっていました。彼の激情はいつも思い違いです。それをこのとき彼は間を置かずに理解したようです。これが釣果でなくてなんでしょう。

   魚は瞑想を意味します。この瞑想というのは、心のなかに分け入ること。そこでつかむものが、釣果です。広島行きは実りある釣果のあるものでした。

   フェリーの船上で波に洗われる荘厳な鳥居を見ながら、心臓の痛みに苦しむ夫の傍にいて、わたしはこの景色から、受講生の何人かがこの頃鳥居の夢を見続けているのを、突然思い出しました。

   あぁ、この景色をみることだったのですね。ここで浮かぶ思いにひたりながら、ドリームセラピストとして、いまあることを感謝せずにいられませんでした。
   
   ワークショップにお出で下さったみなさん。ありがとうございました。おひとりおひとりのお顔を思い浮かべながら、お礼を申し上げずにいられません。

   そして、すずさんは次回の予定を立てて下さいました。11月28日29日です。どうぞ、みなさまお出で下さい。楽しみにしています。

テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2009/06/24 07:56 】
ワークショップ | コメント(0) | トラックバック(0)
夢のメッセージを知るワークショップ in 広島
       夢のメッセージを知るワークショップ in 広島


   『あの世に聞いた、この世の仕組み』(http://blog.goo.ne.jp/namagusabose/)というブロクにとてもおもしろい話しが載っています。6月6日付けの『ミケランジェロ・コード』という記事です。

   夢を絵にすると、たまに、「解剖図?!」と、見紛う程にびっくりするような絵に出会います。だから、このミケランジェロ・コードも納得します。科学的に納得するというより、わたしのことですから感覚的に納得です。それにこれだと何だかみんな一緒で気楽な感じが湧いてきます。

   この神と人間が手を繋ぐその瞬間が誰にでも訪れるのを、この図が視覚的に説明してくれているるようで、百の言葉より雄弁です。


   さて、西日本ではじめてワークショップをします。それも贅沢に泊まりがけです。わたしがお話しできるのは夢だけなので、いままではこうした遠距離の講演のお声をかけて戴くことがありませんでした。が、ここに来て最終ツールの夢に多くの人の興味が湧いてきたのでしょう。。。或いは、天の計らいでしょうか。。。。。かもしれません。

   自分と神がひとつになる、その道筋を夢は示してくれます。瞑想もその道筋ですが、入り口は夢です。だれもが一斉に神とひとつになる、そんな時代なのでしょう。多くの人が、霊的言葉の夢のメッセージを受け取れますようにと願っています。

   今回のワークショップもその一助になってくれるでしょう。そこでいままでお話しすることのなかった、自分の夢とこれまでを取り上げることにしました。

   という訳で、いま自分の夢ノートを引っ張り出して、夢のメッセージとこれまでをどのように織り合わせてきたか、読み比べています。

   30年以上も前の自分の夢ノートをみると、夢の部分はさすがに客観視できますが、自分の不幸に夢中になっているその姿に笑えます。そんな自分のプロセスが愛おしいです。発見です。

   それから、これもお話することにしていますが、夢ノートは魂の財産です。雄大な宇宙のその姿を見るように、夢の記述は真理と励ましと優雅な思いやりとで溢れています。

   私の翻訳本に「ドリームブック」(ベティ・ベサーズ著)というのがあります。1992年の出版本です。いまは他の方の訳で新装版が出ています。その巻末に自分の夢の実例集を載せました。著者の原稿量が1冊にしては少なかったので、その穴埋めでしたが、わたしのまわりでは、それが評判です。思いがけない、「棚からぼたもち」みたいな思い出です。そのなかに、Kさんがわたしに、あなたの花を活けて飾るようにと言って下さる夢を載せました。

   当時は、本で解説した意味だけ受け取りました。それを実行すればわたしの責任は果たせると思っていたのですが、ここに来てこの夢が30年の時を経て再び意味のあることだと分かりました。

   Kさんは、いま住まわせていただいているお家の持ち主でした。その方のお嫁さんがおばあさまのご意向を汲んで、その後長くわたしに声をかけて下さったのです。巡り巡ってこの家に住むようになって、再び社会に向けて花を飾る出番がわたしに与えられるようになりました。文字にできない感動を覚えます。

   他にも夢にまつわる思い出はたくさんあります。まだ実行していない夢もあります。大きくいえば、夢はこの世のはじまりからこれまでの魂の軌跡を、ユニークな痕跡として教えてくれます。
  
   そんなことも広島の会場ではお話しましょう。どうぞ、多くの方々がご自分の魂の言葉・夢のメッセージに触れて下さる機会になりますようにと願っています。

   ご連絡は下記にお願い致します。


    エドガー・ケイシー講演会実行委員会
お問合せ:070-5528-0648(鈴光)
e-mail : bright-ring@s8.dion.ne.jp

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/06/13 11:45 】
ワークショップ | コメント(4) | トラックバック(0)
結婚賛歌
       「結婚賛歌」

     結婚相手が居て、心の異性が現れるのではなく、気付いていても居なくても、心の異性がいて、それが形になっている人を選んだのが結婚です。心のなかに異性が住んでいない人はひとりもいません。この「心のなかの異性」を見るのがどうしても怖いので、結婚できない人が急増しています。と、わたしは感じます。「心のなかの異性」は「理想の異性」とはちょっと違うのになあと、思います。です。。。。

    結婚は、結論から言えば、自己の統合を実現する機会づくりです。自分の心の片割れを、肉体を持って存在する結婚相手に見る訳で、結婚という形を通して、心の成長を確認するのです。

    結婚は心の統合などと抽象的な言葉を使うと、益々論理の中に埋没してしまいそうですが、残念、生きるとは現実そのもの、実際的なことです。この現実を現実にしてくれる最も修行に満ちた相手が、結婚生活の片割れです。(陰の声:こうなるとこの先読まない人がいそうですね(笑)。)

    ですから、夢に取りかかると直ぐに分かることは、最も聖なることが結婚生活での修行です。文章がうまく伝わるものになっているかどうか自信がありませんが、一応先に行きましょう。ここで聖なることは性だという一文を入れておきます。成長を促されている時、夢はとってもセクシャルです。

    ここに題として掲げた「結婚賛歌」はそういう意味です。自分が成長したかったら、結婚を考えること。結婚こそが自分の霊性磨きに取り組むことです。ですから、古来から結婚すると人は祝福します。

    生涯で一度は結婚しましょう。わたしは二度結婚していますが、どちらも結婚は実り豊かです。最初の結婚をやめたときはずいぶん落ち込みましたが、失敗だったと思ったことはありません。負け惜しみではなく、教科書通り。ふたりの間の問題が解決してしまえば、結婚生活は続きません。これについてはいつか夢がらみでお話しできる時が来るでしょう。(恐らく二度三度結婚している人は、その度に課題を終えていたのだと思います。気づいていないだけだと、わたしは思います。)

    という訳で、経験から申し上げます。万難を排して結婚相手と可能な限り一緒にいましょう。できうる限り、多くの時間を一緒に過ごして下さい。結婚生活内で起きる突然の錬金術の成果、劇的変化は目の前で見極めるしかないからです。これが見えると弾みがつきます。

    相手と居る時間が長くなると、お互いの成長は早まります。これも実感するしか無いのですが、相手の欠点が自分と関係ないと思っている間は、相手とふたりきりになる時間が苦痛です。(注:欠点磨きはダイヤモンドの研磨と同じに例えられます。)

    そして、成長すれば総てが平穏、波風立たない状況になるということもありません。生きている限り修行は続きます。喜怒哀楽は死ぬまで付いて回るでしょう。悟った後さえ付いてくるはずです。けんかもあり得るはずです。

    心の成長度合いは、ふたりでいる時間の長さで計れます。ふたりの時間が苦痛でなくなる度合いに比例して、心の統合は進んでいます。でも、これには条件があります。それは話し合うこと。それにどうしたって一緒に居たいと思えるようになります。だって、夢の世界から言えば、この世の滞在は一呼吸の間ですから。ふたりの修行は一呼吸の、その又何分の一かと言う短いものです。

    ところで、この統合のプロセスをひとりで辿ることだってできます。できるけれど、大変さは何倍にもなるはずです。自分の心の中で異性とけんかする状況を考えたら、その大変さは容易に分かります。

    だから、結婚しましょう。人間の身体はマッサージするようにできているとエドガー・ケイシーは言います。お互いにマッサージできる関係は結婚相手を置いて他にありません。

    わたしも山に生活していたはじめの頃、日がな一日夫と一緒でした。きつかったです。程なく、清掃の仕事が見つかって、ほっとしました。午前中だけの仕事でしたが。それでも、二人きりから解放されて、イライラしないで済みました。

    そんな一年半の後、入院騒ぎが起きて、再び二人だけの生活に戻りました。このときは以前よりずっと楽でした。お互い関係がタイトになって、相手を思いやる度合いが増したのです。

    振り返ってみると、18年あまりの結婚生活で、少しずつ二人でいる時間を長くしてきたように思います。

    そうやって得た平安は、鎌倉で程なく試練へ突入する訳ですが、状況が変わると、思いがけない問題が持ち上がります。空気を吸う者に無駄な時間は与えないものだと、感心しています。

    厳しい状況は依然変わらなくても、いま二人の気持ちは以前より楽になり、この楽さがそれに相応しい状況を創ってくれるでしょう。難しい状況に居ることができて、それを冷静に体験することで、次の変化が予想できます。共に生活できる相手が居てくれて、相手に自分を映せます。

    それを教えてくれるのが、夢です。夢を話し合うのは結婚相手をおいて他にありません。相手のテーマも自分のも良く分かります。それをネタに相手を励まし、自分も元気になる。それに反省も相手の前でできます。それが結婚生活です。

    どんな高邁な本を読むよりも、どんな優れたお人の講演を聴くよりも、目の前の結婚相手は自分の霊性のあり様を教えてくれます。相手に忍耐を持って接するとはどう言うことかを、身を以て示してくれます。そんな話しを新しい本に盛り込めたらよいのですが。何と言っても、等身大。ご期待にそえるように精進しましょう。

    何だかこなれていない文章ですね。この続きはまたいつか。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/06/05 06:03 】
夢活用法 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。