FC2ブログ
行動してこそ、夢を生きる
     「行動してこそ、夢を生きる」

   ときどきネットで夢の記述を読むことがあります。

   そんな時、軽く哀しいキモチになることがあります。夢が伝えたいことと、その夢を書いて公表している夢主の、「こう読んで欲しい」という願いが、わたしにはずれて感じられる時です。

   でも、今朝、たまたま読んだこちらで、ほっとしました。

http://warp.typepad.jp/yumi/

   作詞家吉元由美さんのブログ2009年8月28日付けの「また少し、夢の話」です。

   「型にはまるな」、「ココで満足するな!」と受け取れた夢主さん。さすがです。


   そこで、夢を誤解している人の例をお話しましょう。

   結婚したいという夢を持っている人で夢を誤解している人は、大抵、夢でその伴侶が現れるまで待つというのです。予知夢を待つというのです。

   こんな話を聞くと言葉がありません。

   自分の夢、人生の夢を大切にする人は、伴侶を求めて行動します。出会いを自分に作る(創造する)行動に出ます。

   出会って、本当にこの人が伴侶かを判断するとき、後押しをしてくれる夢は見ることがあります。

   しかし、何処そこに行けば、「相手に出会うだろう」という夢は?どうでしょうか?。あったとしたら、その夢主さんはどこかでチャレンジができていたからでしょう。一種のご褒美からと思えます。

   さて、吉元由美さんの夢が言う創造性とは何でしょうね。社会の規範や眼に見える価値観でないことは、彼女の夢から伺えます。

   『横並びや、お仕着せではないんだよ』という創造性。彼女に取っても尋常じゃないチャレンジ。これを読んだわたしも、わたし独自の夢と創造性を生み出さなくちゃ!と思ったことでした。

   この原稿を打っている最中に、お世話になっているマジェンタの主宰者横山玲子さんが、双児の赤ちゃん(8月18日生まれ)の名前を知らせてくれました。歩夢(あゆむ)ちゃんに拓夢(ひろむ)ちゃん。

   なかなかのタイミングです。

   みなさまもご一緒に、母親の願い「一歩一歩現実を切り開きながら夢にむかってあゆむことのできる人」で、いましょう。
スポンサーサイト



テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/08/29 13:33 】
夢活用法 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |