スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
献立=夢のストーリー
       「献立=夢のストーリー」                 

 このブログは、夢の大切さを多くの人に知らせたいと、突き動かされる思いで続けています。

 発信するだけで、整理が乱雑です。テーマ毎に区切ることもアバウトだし、コメントを戴いても返事もせず、申しわけないことと、いつも心の隅でごめんなさいを繰り返しています。

 そんな突き動かされる思いの中でも、群を抜いているのが、食べ物の夢です。わたしの好きな夢の分野でもあるので、何度かお話したはずです。それなのに、それを読み返すことも無く、今回の記事に取りかかっています。どうぞお付き合い下さい。

 実は、このところ食に関する夢がひっきりなしに集まります。これをすべて、夢と夢主さんのバックグラウンドと合わせて、解説できたら、たくさんの人のお役に立てるのになあと思っています。

 食べるものが心を作ります。夢からそれがはっきり見えます。そして、その向こうに案外単純な真理が見える。そんな気がするのです。

 でも、だからといってこの種の夢をおいそれと公表する訳にいきません。プライバシーに触れる部分があるからです。夢主さんの了解なしでは、公にできません。夢に現れる食品は、夢主さんの心の状態を表しています。この辺のジレンマが常にあります。

 夢は精神性だけを扱うのではありません。身体の健康状態も知らせてくるし、いかにしたら病気にならないかも教えてきます。心を鍛えるのはちょっと大変だけれど、日々の食生活を変えなさいねと、夢は言ってきます。

 いえ、もっと正確に言えば、みんな一緒くたに言ってきます。これを食べたらカラダが緊張して、ココロも身構えるよなあーなどといってきます。

 今朝のわたしの夢に「ごま油は良くない」と自分が思う一瞬がありました。確かに昔ごま油を生でドレッシング代わりに摂ったところ、軽い胃けいれんを起こしたことがあります。

 恐らく、そのとき使用したごま油が他の油との混合油だったからでしょう。単品の食品から絞られたオイルでないと、消化器はダメージを受けるのだと身を以て知った体験です。

 今朝の夢が取り分け今日意味があるのは、これを公にする必要があってのことでしょう。それで、ここに載せることにしました。みなさんにご自分が食べる食用オイルについて、もっと慎重でいて欲しいのです。

 他に、夢から分かったことで、際立って今様だと思ったのは、自分で炊いたご飯を食べなさいというメッセージです。クライアントに聞いてみると、心が不安定になると、ハンバーガーみたいな食べ物が欲しくなるのだそうです。

 人によっては、パンが合わない、不適切だと言う夢は良くあります。パンを作るときの油分の関係もあるでしょう。お米を主食にするようにと、或る人の夢は言います。国内産の米を摂ることは鉄則なのでしょう。国産小麦のパンなどは夢の又夢。食料自給率の問題は、自分の心を自国の土地にフィットさせる率と同じことなのでしょうか。すごい話です。これが夢から言われていることなんて、当たり前なのですが、時代はそこにいません。

 それからもうひとつ際立っているのは、高脂肪の肉は食品として適さないとも夢に良く出てきます。

 先日、珍しいことに献立の夢が、飛び込んできました。その夢にはストーリーがあり、献立も問題はあるのですが(恐らく栄養学的には及第点の献立です)、眼を引いたのはデザートに柑橘系の果物があったことです。

 果物は消化酵素が他の食品と違うので、食事をしたすぐ後に胃に入れると胃という化学工場がフル回転のオーバーワークになります。フルーツを食べるなら、食事の30分前までに食べましょう。まして、柑橘類は体内浄化の食べ物です。単品で食間に戴くのが良いようです。

 この夢は、献立=(イコール)夢のストーリーです。その辺をみなさんにお話できたら、夢の真実がいかに深いものかお分かりいただけるのですが、惜しいことです。

 せめて、家庭料理を作るときは、考えて下さいね。お米と油のことを。

 こういうことが夢のテーマなんだって、ご存知でしたか?
スポンサーサイト

テーマ:夢を日常の心身の健康管理に生かしていこうというのが、主旨です。 - ジャンル:趣味・実用

【2009/09/19 17:09 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(0) | トラックバック(0)
ケイシーセンターの夢講座ビギナーズコースがはじまりました
   ケイシーセンターの夢講座ビギナーズコースがはじまりました

   一昨日の日曜日、ケイシーセンター主催の夢講座をはじめることができました!!!

   かつての生徒さんで、作詞家にして小説家の吉元由美さんがプロデュースして下さったドリームセラピスト養成講座の初級編です。

   ケイシーセンター主催というのは、実はわたしには「緊張」の講座でした。

   以前ドリームセラピスト養成講座をやっていたアートセラピー専門のオーロラでは、スーパーバイザーが卓越した才能の持ち主で、わたしは勝手に自分の世界にいて夢の話をしていればよいという、お姫さま気分のお気楽講師でした。

   しかし野に出て、色々な人と組んでワークショップをするようになると、このスーパーバイザーの後ろ盾は不在です。世間はスーパーバイザーの存在も役目も知りません。ワークをするに当たっては、ファシリテーターのわたしが慣れないスーパーバイザーもこなさなくてはいけません。夫には無理を言って書記を頼んでいますが、スーパーバイザーは御免だ、荷が重いし、その才能も無いとはっきり断られます。

   しかし世間は良くしたもので、行く先々の主宰者はその道のベテランぞろい、スーパーバイザーの役を無事こなしてくれます。

   とはいえ、ケイシーセンターにはその役を荷なってくれる方が見当たりませんでした。

   今回やっと岩隈幸恵さんという超を付けたくなるくらいのオプティミストが、企画段階から加わってくれて、そのままスーパーバイザーを引き受けてくれることになりました。(ちなみに岩隈幸恵さんはジャズ歌手にして通訳もこなし、最新のお仕事では「宇宙につながる第8のチャクラ」の著者 ジュード・カリヴァン物理学博士の講演で通訳をされるそうです。)

   スーパーバイザーとは、その場のワークが滞り無く進行するよう、ファシリテーターと受講生たち全体を、はじめから終わりまで見届けるというしんどい役、大げさにいえば最高責任者みたいな役です。振って湧いたように有能な岩隈さんが登場してくれて、夢の講座は開かれました。不思議です。感謝しないではいられません。

   さて、一昨日はケイシーセンター会長の光田秀氏が開会の辞を述べ、その後吉元由美さんの体験談がたっぷり続いて、後を引き継ぐ形で、この講座ははじまりました。

   この日のわたしの感想です。

   奇しくも長い自民党政権が終わり、時代は確実に急速な展開を見せ、次元が変わってきました。このコースでも各自が夢を話しはじめた頃から、手応えを持って時代の幕開けが感じられました。

   受講生の夢は焦点が明確でした。なかに一見分かりにくい夢もありましたが、夢のなかに具体的な解決法が見つかり、これもまた受講生自身が実利の為の実践を願っているからで、手応えの有る夢でした。

   受講生の中に男性が二人いました。さすがケイシーセンター主催の講座です。それも40を超えた人生半ばの殿方たちです。遠路はるばる夢の勉強にこられた彼等は、構えること無く、わたしの言葉をそのまま受け取ってくました。この実感が、わたしの緊張を霧散してくれました。これはすごい時代になった!と思ったことです。

   殿方に夢の意味をそのまま伝えるのは、緊張するものです。この辺が「緊張」気分だったので、ほっとしました。

   この講座が開催されたことは、天からの配慮のプレゼントだと受け取っています。いま最も贅沢なこの企画を実現できたのは、関係者みなさんの手弁当も厭わずという思いが天を動かしてくれた御陰です。

   次に繋げられるよう心しましょう。
                                 

    

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/09/08 18:01 】
ワークショップ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。