スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ベッキーのキツい一言・初夢会
      「ベッキーのキツい一言・初夢会」

   先日の1月23日、恒例の初夢会に呼ばれて来ました。わたしは2007年からの参加ですが、この会は「ミラクル・アートセラピー」(早稲田出版)の著者吉田至叶人氏がファシリテイターを務めました。彼はこの初夢会を10年程続けているそうです。
   
   4度目の参加で心打たれたのは、本当の人生を送りたい、スピリチュアルライフを楽しむにはどういう風に日々を理解したら良いかを、オープンに知ろうとしてみなさんが参加していることでした。年々その高まりを感じます。

   何だか文章が硬くて抽象的ですが、本当を生きたいのです。どうすれば、心が成長するか、それをそれぞれの立ち場で探り、実践しようとしているのです。これこそ霊的・スピリチュアルな希求です。

   特別に、外側に向けて成功を目指したり、霊性を実生活と切り離して考えている人はいませんでした。

   (初夢会とは違う話題ですが)ときどき、高邁な霊的人生とは、自分の実生活とはかけ離れた別次元のなにかだと勘違いされている方を見受けます。どうしてこんな誤解が生じたのか理解に苦しむのですが。。。

   そんな人の中には、宇宙を夢に見たり、聖人や神々に夢で出会ったり、貴石宝石の類いを夢にみたり、挙げ句は予知夢やこの世の天変地異を夢に見て、自分だけは特別だと考えている方がおられます。自分は他とは違った、特別な使命を帯びているスペシャルな存在だと信じているのです。

   全ての人が特別です。取り分け現在生をうけているわたしたちは例外なく重要な任務を帯びています。だからこそわたしたちはこれまでになく、真っ正直で真剣に生きる使命を帯びています。そのために、それぞれが自分の人生を全うすべく自分の夢を活かして欲しいと、わたしは願っています。

   自分の夢は自分のやるべきことだけを伝えてきます。他と比べることはありません。むしろ、夢の恩寵を知ると、何故こんなにも不埒な自分に天は見放しもせずアドバイスを送ってくるのだろうと、不思議です。だから、夢に接していると、ありがとうの念に満たされます。

   堅すぎる話になりましたが、是非この場を借りて、お知らせしなくチャと思ったものですから。自分だけの、自分に最も適切なアドバイスを夢だけが送ってくるのに、それを屑芥と捨て去っているなんて、わたしたちはなんと愚かなのでしょう。

   人の考えは色々なので、考え方感じ方がわたしと違うからといって、俄にわたしだけが正しいとは言い張りません。しかし、夢のはたらきは超意識からの最高のアドバイスです。そう受け取っているわたしの立ち位置から受け取った夢の見方だけは、何としても伝えて行きたいと願っています。

   本当の自己に出会えているか、本当の目的に沿って生きているか、そのためのアドバイスを超えて、霊的な或いはスピリチュアルな意義付けを夢に求めても、甲斐のないことに思えます。

   話を初夢会に戻しましょう。これまでになく、足が地に着いた会になりました。その障りを、わたしの、去年から今年にかけての初夢でお話しましょう。他人の夢を扱う訳にはいきませんから。

   結婚生活で相手にいかに奉仕して過ごすか。これが最高に霊的な取り組みだとわたしは思っています。追々お話しできる機会があると思いますが、裸になるつもりで、このことをお話しましょう。

   毎回ブログの記事と取り組むときは、嘘偽りなくチャレンジです。自分の不甲斐無さもひっくるめて、自分の心の発達・成長ぶりをスピリチュアルな視点で検証しているのですから。

   わたしの初夢は、『タレントのベッキーが、「そんなに夫にあれこれ言ったら可愛そう」と、わたしに苦言をいってくる。云われたわたしは内心片腹痛いけれど、彼女の指摘通りと思っている。ついでに彼女の昨秋出版の本は良い本だとも。さすが20万部の売り上げも納得の良い本だ』という、一見トホホの夢です。

   去年の夫の初夢は、自動車を運転するヤンキーが、3才の子供をひき殺しそうになって、後先構わず自動車からヤンキーを引きずり出し、鉄拳制裁を加えるという、荒々しくもヒーロー活劇ものでした。

   去年夫はヤンキー並みにブーたれていました。それに先立つ初夢に、わたしは思わず、ラッキー!と内心叫んだものです。その前年、彼は身の不幸を嘆くばかりで元気なく、何を言っても受け取らず、悲嘆この上ない状態でしたから。そんな一昨年、言い過ぎれば、深刻になり、わたしにとっては針のむしろの日々でした。日がな一日顔付き合わせる相手の出方にハラハラドキドキ。。。。。彼が元気に生きるために、自分の態度をどうアラシメルか、結構難しい課題に取り組んでいた訳です。

   この夢は、ヤンキー並みに外に向かって不満を言える元気(?!)が、夫に出てきた証拠であり、その知らせのような夢です。それで去年の後半は、実況中継のようにいかに彼がヤンキーかを、ことあるごとに言いました。冗談めかして。わたしもヤンキーとなって。

   この冗談に乗ってくる程、彼も元気になってくれました。

   今年はその実況の必要が徐々に少なくなっています。彼が自分で気付いたからです。彼の興味が、あるひとりの著作に目を向かわせ、わたしがあれこれいわなくても自分で霊性のあり方を吟味し、反省し、正すべきことを知ったからです。

   わたしの理屈は夫に入らないけれど、著名人の本の言葉は入るのねと、揶揄したくなるけれど、夢のベッキーが云うように、もうわたしの苦言は量も質も少なくして良いようです。

   そう!わたしもベッキーが作った本並みに、受けも良く出来の良い本を書こうと決心したことでした。これは初夢の余録のようなものです。夫への態度を改めることと、執筆生活再開が、今年のわたしの計画です。初夢会に出席できたことで、今年の計画にメリハリをつけることが出来ました。

   自分を反省し、軽くなれれば、さらにお互い生産的でいられるというのが、わたしの考えるスピリチュアルライフです。気付きの連鎖が霊性を高めると。

   自分のことをあんまり真面目にお話できません。この位でご勘弁を。夫婦って好いですよ。一瞬一瞬の自分の心の鏡が目の前にいるのです。その鏡に映る自分の姿を、いかにケアー出来るか、それが最高のチャレンジだぁ!!!

   変則的初夢会の報告でした。  
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【2010/01/29 18:32 】
夢活用法 | コメント(0) | トラックバック(0)
赤ちゃんを産みたい方へ
       「赤ちゃんを産みたい方へ」


   まずは石川真紀夫医師のブログをお読み下さい。
   http://plaza.rakuten.co.jp/ishikawamakio/diary/

   この記事を読んで、この幸運な方はわたしの受講生だと直ぐに感じました。確かな直感とはこういうものですね。しかしお断りしておきますが、石川医師に彼女の診察をお願いしたことはありません。以前彼女が受診したことを話してくれたから、そう直感がはたらいたのです。

   先日、彼女のセッションがあって、妊娠の報告を受けました。夢講座は月に一回です。彼女とは4回程しか会っていません。ですから、半年に満たないお付き合いです。

   差し障りが無いと思われる範囲で、彼女の夢の話をしましょう。赤ちゃんを産みたい方、そして人生の新しい局面を産み出したい方に、お役に立つのではないかと思ってのことです。

   彼女の夢には、ピンククリスタルが登場しました。クリスタルチャイルドという言葉があります。この言葉の出所やその意味するところは良く知りませんが、夢の感じでは、このピンククリスタルは、これから生まれようとしている魂が複数いることだと思えました。

   それで彼女の場合、受胎を待っている赤ちゃんがいて、その魂(=命)を受け入れられる身体になって欲しいと、赤ちゃんが夢にメッセージを送り込んできたのです。

   この夢では冷たいものを飲まないこと。そして辛いもの刺激物を取らないようにと忠告がありました。

   恐らく石川医師からは、基本的な食事の注意はあったはずです。それを補完するように、夢からメッセージが届いた訳です。

   これこそ便通を滞らせない、身体を緊張させない食療法の一部です。血の巡りと昔から言います。身体を巡るエネルギーの流れが順調であってこそ、胎児を迎へいれられます。

   女性は案外新しいことを嫌います。好きなこと慣れ親しんだことでまわりを囲むと、新しい局面は生まれません。ましてや受胎という、とびきり新規なことは起こり難くなります。

   この変化を避ける傾向のある方は、ほとんどが便秘症です。どんなに進取の気性を見せていても、便秘症の人に軽やかな人はいません。

   人生は日々変化が激しいものです。意識的にその流れをコントロールしようとすると、反対に便は滞るようです。人生の流れに沿えば軽く、意識して流れをコントロールし始めると、重く滞ることになります。

   (いままでのあり方を変える)死を覚悟してこそ、受胎がある訳で、子供であった自分を超えて、親になろうという軽やかなどんでん返しの決意がなければ、赤ちゃんの魂も母親と選んではくれません。

   彼女はその点、しっかり決意が見えました。変化に軽やかでいたいという決意が。だから、コロンハイドロセラピー(大腸洗浄)を受けたのでしょう。たった一度の治療で効果が出たからには、覚悟がホンモノであったと思えます。

   「軽やか」は難しいですが、腸の洗浄を経験すると、この軽やかな気分を実感します。この気分が行動を決めるでしょう。どなたもこの洗腸を一度は経験してみて下さい。人生の流れが軽やかになります。

   彼女の夢に登場したのは、通常のクリスタルではなく、ピンククリスタルでした。いままでに無い平和がわたしたちのまわりに生まれようとしています。肉体的にも精神的にも。

テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2010/01/15 13:36 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(0) | トラックバック(0)
祝「ミラクル・アートセラピー 人生は描き直せる」
「祝『ミラクル・アートセラピー 人生は描き直せる』」


   ご夫婦で15年も前、ドリームセラピスト養成講座の生徒さんだった吉田至叶人さん(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3109869)が、アートセラピーの本を出版されました。


   「ミラクル・アートセラピー 人生は描き直せる」吉田至叶人著 
早稲田出版1800円


   感無量です。この本に載っている最初の絵は、彼がドリームセラピー実習で扱ったクライアント第一号の記念の一枚です。この本にはこの絵の解説は一行もありません。オフィス街の一角にポツンとバス停を示すポールが立っている絵です。

   去年の初夢会だったと思うのですが、その原画を吉田さんは会場に持ってこられて、みんなの前で見せてくれました。目に入った途端、このケースを内容付きで思い出し、曰く言い難い記憶の不思議を体験しました。


   この絵が描かれた場所は、高層ビルの最上階の役員室と聞いた覚えがあります。既に描き手は故人のようですが、ご伴侶に時経てお見せしたらしいことも伺った記憶があります。あの世とこの世に隔たったご夫婦をどのようにあの絵が結んだか、短いお話の中に美しいドラマがあったように記憶しているのですが。。。。。

   当時、決して優等生とは思えなかった吉田至叶人さんは、15年のコツコツコツコツを経て、扱ったケースを本にまとめ上げる幸運をつかみました。

   彼のアートセラピーとドリームセラピーの才能は、これで実証されたけれど、やはり、推薦文を書いて下さったC・W・ニコルさんの、吉田さんに対する信頼(それを創った尊敬できる仕事)の積み重ねが無ければ、形にはならなかったでしょう。

   1月23日のマジェンタの初夢会は、この吉田至叶人さんがリードします。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/01/11 18:25 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
出会えた初日の出
       「出会えた初日の出」


 明けましておめでとうございます。

 今朝も年が明けたとはいえ、いつも変わらぬ朝です。が、ふと海に出てみようと思ったのです。ここの初日の出はどんなだろう、と。

 もう6時50分も過ぎようというその時になって、この心に浮かんだアイディアは一体誰からのものでしょう。 寝ている夫に声をかけ、初日の出を見ようと急ぎました。

 もう辺りはすっかり明けて見えましたが、日の出はまだのはずです。

 6時55分。海辺の国道に出ると、いつもは見ることの無い車の列が道の両側に縦列駐車中です。さて、知らぬは我ばかりなりで、ここは初日の出の名所のようです。カメラを持った方々が欄干に横並び、刻一刻と変わる景色を追っています。

 東の空、三浦半島上空は朝焼けの茜色。西の富士山は、日の出前の光で淡く神秘的な薄い桃色の雪化粧です。山の稜線にまだ隠れている太陽は、その存在をいやが上にも駆り立てるように、時間の経過とともに、周りの景色を茜色から白銀に変えて行きます。

 6時58分。稜線の割れ間に太陽の最先端がかかると、白銀の光線はあっという間に力を増し、その瞬間、光全体がピンクに変わって輝きました。

 それからは太陽が昇りきるまで、初日の出が出ききるまで、ド・ピンクと相成りました。

 太陽の周り、どのくらいでしょう。かなりの広さで景色がピンク色に染まって見えました。その後、ピンクの残像は目に焼き付き、家に帰り着くまで、目に入る景色はピンクで輝き、目に残る太陽の残像は幾つもピンクのまま残っていました。

 美しい。美しい初日の出でした。強い風にあおられて、波打つ海は大胆でしたが、周りは静かで、初日の出を分かち合った見知らぬ人たちも話し声も無く、感動と感謝のいっときでした。

 思わぬ奇跡のような景色をプレゼントされ、穏やかな気持ちになりました。この新しい年は、こんな美しい毎日が待っていると約束されたようです。

 みなさまにとっても、より良き年を迎えられたことでしょう。

 ゆったりと静かに過ごしてまいりましょう。

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

【2010/01/01 18:13 】
あれこれ | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。