スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ケース研究のクライアント募集
       「ケース研究のクライアント募集」

   日本エドガー・ケイシーセンターの夢講座は、第一期生がインターミディエイト・コースを8月に終わって、いよいよ9月からアドバンスドコースを迎えます。このコースでは、これまでの集大成として、クライアントの面談を中心にしたケース研究をすることにしました。

   そこで、このケース研究の為のクライアントを広く募集することにしました。ご興味のある方はケイシーセンターにメール(cayce-3@eccj.ne.jp)でお問い合わせください。お電話でのお問い合せはご遠慮いただきますようにお願いいたします。

   クライアントとしてこちらで考える人物像は、まず「夢は自分を知るツールである」と理解している人たちです。また、精神科などの医療機関で治療・薬剤投与を受けていない方に限らせていただきます。

   最適者は、夢に関心があり、これから夢を勉強されたい方。また、アートセラピーを受講された方で、絵と夢に興味があり、更に両方をしっかり勉強されたいと願っている方たちです。

   実際には、一ヶ月に一度の面談形式でセラピーを行います。そのお時間が取れる方に限らせていただきたいとも考えています。以上です。我こそはと思われる方はお気軽にご連絡ください。

   この募集は、セラピスト優先の実地研修なので、両者が肩ひじ張らず、勉強として気楽に出会いを楽しむことが一番と考えています。

   人選はそれぞれの受講生が行います。折角ご応募いただいても、すべての方々にクライアントをお願いできないかもしれません。その段はご容赦くださいますよう、伏してご勘弁のほど、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2010/08/31 18:52 】
夢活用法 | コメント(12) | トラックバック(0)
今田美奈子先生
       「今田美奈子先生」

   8月2日に新宿高島屋4F「サロン・ド・テ・ミュゼイマダミナコ」(http://www.imada-minako.co.jp/salon/menu.html)で、夢の講演をしました。そこは、ほっとくつろげる、フランス文化馥郁と香る、お菓子と軽食のお店です。

   このサロンでは、毎月一回「今田美奈子と夢のティータイム~ジョワ・ド・ヴィーヴル(生きる喜びを学び楽しむ)~」と称して、折々の講師を招いて講演があります。

   その講師の一人として招かれたのでした。今回このお話の仲立ちをしてくださったのは、宝飾作家の北村公晴氏です。北村氏とは20年ほど前からの知り合いで、二昔近くも前、エイトスター・ダイヤモンド代表 田村熾鴻(たるひろ:駿禮改め)氏にご紹介くださったのも、北村公晴氏でした。

   そのとき田村氏に、即決で月に一度の夢のワークショップをショールームでしてくださいと申し出をいただき、なんと一年以上続けたことがあります。懐かしい思い出です。

   そのときのワークショップに出席された女性が、北村公晴氏と私を今田先生に繋げてくださったのでした。彼女の思い出は、わたしの中ではかすかなのに、北村氏と今田先生に取っては、長く濃い思い出がその後おできだそうです。

   残念なことにキューピッド役の彼女は何年か前にお亡くなりだそうで、そのことを、久方ぶりにお目にかかった今田先生と北村公晴氏のご伴侶早苗さんにうかがいました。図らずもわいわい思い出話に花咲かせることで、彼女の供養をさせていただいたように思います。

   今田美奈子先生はいつも北村公晴氏の作品を身につけておいでです。早苗さんに「いつもなの?」と伺ったら、「ええ、いつもなの。ありがたいことに」とお返事をいただきました。

   今田美奈子先生が北村公晴氏の作品を身につけることになったそもそもは、知り合ってすぐにみた夢からだそうです。記憶力の悪いわたしはすぐに忘れてしまったのか、今回の打ち合わせのとき始めて伺ったように感じ入ってしまいました。

   しかし、先生に夢を公にする許可をいただいていないので、夢の内容についてはここで申し上げられません。が、今田先生と北村公晴氏ご夫妻の仲は、夢が仲立ちという、ありそうでなさそうな不思議な絆を感じます。

   15、6年前、最初に今田先生にお目にかかったのは、原宿・竹下通りを入った「薔薇の館」という名の喫茶室ででした。先生はそこでたくさんの方々を集め、妖精の話をしてくれた記憶があります。おぼろげではありますが、「木の妖精」「水の妖精」「花の妖精」「土の妖精」と言う区分けだったと思います。こういう話はヨーロッパ文化に造詣深い方だからこそのお話と、感心した覚えがあります。

   サロンで講演があった朝は、真夏の熱気が押し寄せるなか、突然の激しい通り雨。それをガラス窓越しにやり過ごすし、その後は快晴というドラマティックな天候でした。

   吟味された芸術品がなにげにおかれた、ちょっと他では味わえない、異空間です。新宿駅南口からほど近く、おいしくエレガントなお菓子と飲み物をいただける喫茶室。お近くにおいでの折り、一時のくつろぎに立ち寄られてはいかがでしょう。

   9月6日(月)は、ユキ シマダ(インターナショナルコンサルタント)女史が「捨てるほど幸運がやってくる」と題して講演があります。会場で彼女にご挨拶いただいて、今田先生の周りに集まる方はこうした気遣いがおできになる方々なのだと、改めて感心しています。風水とインテリアデザインとの融合。更に医療との深い関係についてお話をうかがえると思います。

   北村公晴氏の作品はほとんど一点ものです。わたしもほんの少し所持しています。価格がお手頃です。現皇室の方々もお持ちです。華美に流されることのないデザイン。だからこそ漂う作品の品格が、見るものを引きつけます。
【2010/08/09 06:42 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
通信講座の経過説明
       「通信講座の経過説明」

   通信講座においで下さった方々、ありがとうございました。何よりわたしが楽しんで、夢の通信講座をやってきました。夢の可能性をこれまでとは違った角度で検証できればと願って始めたことです。

   わたしのめざすところは医神アスクレピオス。大仰ですが、本当のところです。それを垣間見る体験が出来たと自負しています。

   これまでの通信講座の資料を、わたしたち関係者の中で埋もれさせるのはもったいないと、強く思っています。なんとしても印刷物として世に問いたいと願い、その方向で動いています。今しばらくお待ちください。

   実はそれほど、内容が濃いです。受講生のみなさんのほとんどは、ご自分の人生に果敢に挑んでいこうと、勇気ある方々でした。

   だからでしょう。何人かの方々から、更に上級の通信講座をとご要望をいただいています。それなのに、みなさんのご希望に答えることができないまま一年あまりを過ごしています。

   通信講座を始める前は、少しでも多くの方々に夢の大切さを知っていただくことでした。大抵の人たちは夢を無為に捨てています。それに気づき、宝の持ち腐れにならないように、夢の真価を世に問いたいと願ってのことです。

   やってみて、わたしの立ち位置もありますが、夢の多次元情報の豊かさにびっくりさせられ通しでした。勿論、夢の中心は今この時ですが、この今を説明するのに、Body Mind & Spirit(level) は云うに及ばず、過去、現在、未来と時間の流れは縦横無尽。それでいて、今この時をおいて外にないという、それが伝わります。

   まさに、夢の情報は永遠の真理から、この三次元の架空世界にやってきています。その架空世界で、わたしたちは図らずも苦を抱えた自分を演じているのだと、すべての情報が教えていました。
   
   しかし如何せん受講生に取って、通信講座は自分の夢だけの一人の作業です。受講生一人に講師二人の体制は、マンツーマンの硬直状態を避けるためもありましたが、話題は常に受講生の夢だけになります。

   これが5ヶ月となると、受講生の心理に、学びに対する遊び心が薄れるようで、その辺の楽しみをどう盛り込むか、思案投げ首といった状態です。

   5ヶ月以上をこの形でやり抜くのは無理があるようにも感じています。他の形で、周りからの刺激を受けながら、続ける方が良いのではないかというのが今のところの考えです。

   そんなこんなで、この通信講座もどのように続けるか、できれば今までのケースを公にできる分は公にして、夢の勉強をしたい方への心構えに供したいと考えています。幸い、ほとんどの受講生にはその許可をいただいています。

   いまお伝えできるのは、ここまでです。進展がありましたら、またお知らせします。これまで多くの方々の支えられてきました。

   ありがとうございました。
【2010/08/03 08:30 】
ワークショップ | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。