スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
夢はすべて心象風景
       「夢はすべて心象風景」

   「心象風景」という言葉をご存知ですか。アートセラピーでは良く使います。芸術作品に使う意味と、アートセラピーで使う意味に違いがあるかもしれませんが、大雑把にいえば、「心の中の風景」をいいます。
  
   夢も心象風景だとわたしは感じているのですが、個々の夢になると、なかなかそこが伝わりません。夢の中の鬼も、死体も、あこがれの人も、みんなあなたの心が作り出したもので、あなたが見ているもの。見たいもの。

   更にいえば、他人に関る予言的な夢も夢主であるご本人の心象風景なのだけれど、それを説明するのがとても難しいです。予知夢を見たと思っている人に、「それは、あなたの心象風景です」と言ったら、どんな顔をされるか、お分かりでしょう。

   いまや知る人は知る「ホ・オポノポノ」のイハレアカラ・ヒューレン博士の偉業も、究極はこれと同じで、外の世界に起こることは自分の心の中の事だと理解する人は増えました。現実世界の出来事を自分の心のことに置き換えられるほどに、現代人のスピリチュアリティ(霊性)は高くなっています。

   だから、当然、他人事の予知夢も夢主の内面を指しているのですが、それが伝わりません。

   例えば、誰かが重篤な病気になったと夢で見たとしましょう。その夢を見た人は、それを本人に伝える方が良いかどうか、伝えるにはどうしたら良いか、と訊いてきます。そんなとき「夢は他人に関りません」と答えます。かなり、素っ気ない返事で、訊きに来た人は、口あんぐり!!!

   わたしとしては、それ以外に答えようがありません。わたしがこれまで関って来た夢は、夢主が元気に自信を持って人生を全うすることだけに専念するものでした。夢主を鼓舞することもありますが、休むとき、笑うとき、別れと様々なときを正確に見定めるよう、メッセージを送ってきます。

   健康管理だって適切です。先の例えでいえば、誰かが重篤な病気になった夢を見たら、それは他人のことではなく自分の予知として健康管理に専念することだとわたしは感じています。

   その重篤な病気の特質をもとに、自分の体を大切に健康管理するなら、本人は更に健康でいられ、夢の対象者の健康も取り戻せるでしょう。レン博士がやったと同じです。

   自分の夢で他人の予知夢を見たらそれを本人に伝える義務があるかどうかに悩む必要はないし、夢はその人に伝えるようにと言ってくることはないと、わたしは考えています。

   どんな内容でも、他人に関る予知夢を見たら、最高の手立ては、その人の平安を心を込めて祈ること。注意事項は自分のこととして処理すること。
 
   夢も心象風景というのはこういう意味で、だからこそわたしたちは究極ひとつなのだと思います。

   ご理解いただけるように説明できているでしょうか。自信はありませんが、このままお見せします。あまりに沢山この手の質問が増えてきましたので、取り急ぎ。
スポンサーサイト
【2010/09/26 20:20 】
夢活用法 | コメント(13) | トラックバック(0)
「ケース研究のクライアント募集」経過報告とお礼
    「ケース研究のクライアント募集」経過報告とお礼

   前回ブログでお知らせしました「ケース研究のためのクライアント募集」に、お問い合わせありがとうございました。ケイシーセンターの夢講座ということもあって、スタッフがそのためのフォローを引き受けてくれたので設けることができたプログラムです。

   去る12日にアドバンスドコースははじまりました。いままでもそうでしたが、各コースの初日は受講生に大どんでん返しが起きます。これはちょっと面白いハップニングで、ケイシーセンター夢講座特有のスタイルかもしれません。普通は最終日に起きます。

   この日もいつも通り、その「一皮むけて一段軽くなる」ドラマが起きました。もちろん何が起きたかについてはお話しできませんが、要はオープンになることです。

   或る受講生がみんなの前で、オープンに気持ちを吐露できたということです。オープンになると心が軽くなります。軽いことは、人目を気にする度合いが薄れたことで、その分当人の心から発する光が増します。本当はこのことのために夢の講座をしているともいえるのですが。

   その場に居合わせたみなさんの予想を超えたこのどんでん返しは、大笑いのうちに起きたと、ボランティアで書記をしている夫は言います。常にファシリテイトにいっぱいいっぱいのわたしは、声張り上げてわたしに注目してもらうことに夢中で、どんでん返しの内容については後でそれと気付きます。

   今回のアドバンスドコースの受講生たちは元気が良く、勉強なのか世間話なのか区別がつかない発言がたびたびで、ファシリテーターのわたしは右往左往しながらも、これまでの一年間のおつきあいを楽しんできました。これからの半年もこの感じでいくでしょう。

   受講生たちに取っては、このオープンになった体験の分かち合いがケースを受け持つこととなるでしょう。セラピストがオープンであれば、クライアント役の人もオープンになれます。これが目指すところでしょうか。ケース研究に関係するどなたにとっても、要らぬ壁を取っ払った人付き合い作りのきっかけになりますように。

   話が長くなりましたが、この場を借りて、ご応募いただいたみなさまにお礼を申し上げます。ご応募、本当にありがとうございました。

   追っ付け、クライアント役をお願いできるかどうか、スタッフの方からおひとりおひとりに通知を差し上げます。今回その役をお願いできないとしても、又半年後、いまのインターミディエイトの受講生たちがケース研究に挑むことになりますので、またお問い合わせいただけると嬉しいです。

   中途半端な経過報告ですが、これで、今回のケース研究のクライアント募集についてはお開きにいたします。ありがとうございました。
【2010/09/15 13:01 】
夢活用法 | コメント(11) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。