スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
女性性と男性性の統合という課題
      「女性性と男性性の統合という課題」


   先週の土曜日に、朝日カルチャーセンター・横浜で「エドガー・ケイシーが教える夢からのメッセージ」と題して、ワークショップをしました。ここでのワークショップは、これで2回目です。

   ご出席下さったみなさん、極め付きに熱心でした。たった一日のワークショップで実を取って帰りたいとは、こういうことなのでしょう。

   時代は「夢」に感心が集まってきているようです。

   ご参加下さったみなさんが、勇気をもって決然と生きていくには、夢は格好の題材です。それをご存知でおいでになった方もおられましたが、知らずに参加された方もおいでのようでした。

   しかし、夢の大切さをくどいほどに盛り込んだレクチャーの後、ワークに移ったあとは、みなさん主導でことは進んでいきました。

   童心に戻って、夢の一場面をクレヨン画にしてみると、度胸が付くのでしょう。自分の絵に似た仲間の絵を探す段階になると、それぞれが興味津々。そして、みんなが同志。みんなおんなじ。みんなが同じように何事かを抱え、何事かに挑戦中と分かります。自分ひとりが悪戦苦闘している訳ではない。それを知るだけでも、大変な勇気づけになります。見ず知らずの人だから話し合えたのでしょうか。いいえ、外は違っていてもみんな同じだから話し合えたのです。一旦、夢に便乗して,日頃の思いを吐露する気楽さを知れば、人の温もりを感覚的に理解します。

   似た絵を描いた初対面の人と組みになって、自分の夢を話しているつもりが、お互いに似た者どうし、お互いにお互いをバックアップしたメッセージを夢から貰っているのを知ることになりました。

   今回のテーマは、終わってみると題に掲げた、「女性性と男性性の統合」でした。

   状況こそ違え、パートナーとどうあるべきか、パートナーとは何ぞや、人生目的とパートナーの位置づけなどなど。言葉にすると平たくなってしまうのですが、最も高尚で、最も努力の要る問題が鮮明に浮かび上がってきました。

   この世的な価値観からすれば、夫婦仲が良いとか悪いとかそんな下世話な話しになりがちな課題ですが、魂の錬磨という視点からすれば、もっと何らかの磨きがいがあるかどうかが話し合われました。

   ここで具体例をお話するわけにはいかないのですが、パートナーがある人無い人、これからパートナーを捜そうと願っている人、或は既にご伴侶はあの世に旅立たれて久しい人、様々な状況にありながら、ほぼ全員が自己の成長に向けて、自分の女性性男性性の統合に真剣に取り組もうとされている人々に、アドバイスが夢から送られていました。

   中には、健康上の注意もありましたが、そのプロセスを通して、男性性(注:この方の場合、功成り名を遂げた男性を夢に見ており)が花開いていくだろうという示唆さえありました。女性の身体をいたわることで、社会的成功が見込めるというのです。これも男性性女性性の統合の一例です。

   ここまでの話しは、そんなに新しいものではないとお思いですか、いえ、とても新しいのです。さすが、朝日カルチャーセンター・横浜にお集まりのみなさんです。

   今回も書記として夫同伴でワークショップに望んだのですが、男女の話しになると、わたしの話しにみなさん微妙な反応をします。この反応を意図的に起こしてもいるのですが、夫もそれを楽しむようになってくれました。

   どういうことかというと,男女の違いは結婚すると直ぐ分かることですが、男性はトータルに人生を捉えるのがやや難しく,女性は人生をかなり全方向的に捉えようと努力します。これは男女の特性の違いです。しかし、いままで人類はこの真実を歪曲してきたように思います。この違いを知ることこそ互いに尊敬しあえるものだということを、知らずに来たように思います。これが男尊女卑を生み、互いが幸せから遠くにいたように思います。近年になって女性の社会進出は自由になっています。しかし価値観をあるべきところに戻す働きにはなっていません。価値観が変わっていないからです。

   男女の(能力評価の)差がなくなったことは歓迎すべきですが、男女の特質を認めた上の尊敬の念はまだ遠いように思います。

   それでも人類の努力は男女の問題で第二次世界大戦後、急速にあるべき形に近づく変化をしてきました。しかし、結婚後女性が相手の男性の生活態度をみるとき、多くは失望するものです。互いの特質を理解できないからですが,一旦この失望を扱いかねると、事態は嬉しくない方向に転がります。

   そんなとき、女性は月としての特質を発揮する勤めがあるのですが、これがなかなか大変です。どうしてかというと、月としての特質を発揮したとき、チェックするのは、チェックできるのは、自分だけだからです。誰もそんなことを評価してくれません。よく頑張りましたと、夫も言ってはくれません。

   この自分が自分を正当に評価する態度こそ、霊性を高めること、人としての成功に向かっているといえるでしょう。

   月の特性とは何かを自分の生きかた、霊性に照らし合わせて行い、反省と行動を起こしながら、自分の魂を磨いていくことになります。或る意味辛いひとり作業になります。厳密な意味では相談相手はいないのですから。

   そのために、パートナーとの関係に疲れを感じている人で、取り組むべき問題はこれと夢が知らせて来た人には、「男性はおばかで弱いものです」とわたしは言うことにしています。そうすると当然それを聞いた人は、その場にいるわたしの夫の顔色を伺うことになります。

   乱暴な言葉で、誤解されかねない表現ですが,真意は女性の特性を生かし、男性、つまり夫をトータルに捉える知恵が女性に必要だとわたしは言いたいからです。夫ならず自分をトータルにみる力は、妻である自分にこそあるからです。

   これまで人類は仕事の成功こそ人としての成功としてきました。しかし外側の仕事の成果や成功といったものは、魂を生きることからみれば小さなことです。これからの人としての成功は、もっともっと高尚なこと、霊的なことと知る時代です。

   人間としての自信、変化への順応性、自分と隣人は等価と知ること、いつも自分と一緒にいること。これがこの時代の霊性の成果となります。ここから感じるよろこびは自分のなかにあります。これが男性性と女性性の統合です。

   そんな成功と成果を欲している人たちが集まってくれた、ワークショップでした。講師としてこの場にい合わせることのできたわたしが
一番感激しているでしょう。感謝で一杯です。

   でも、テーマが大きいですね。熟れていない文章で読み難い。なんとなく伝わる程度でしょうか。。。。。はい、わたしもただいま真っ最中のテーマと言う塩梅で。。。。。それで熟れていません。。。。。 
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/04/14 06:47 】
ワークショップ | コメント(1) | トラックバック(0)
<<出版記念トークショーin大盛堂 | ホーム | >>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/29 18:29】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/102-852fcf74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。