スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
出版記念トークショーin大盛堂
       「出版記念トークショーin大盛堂」


   4月24日の金曜日夜7時から、渋谷の交差点際にある大盛堂書店でトークショーをしました。その報告です。

   蓋を開けてみれば気付けなかっただけで、出版記念講演という形になりました。それもわたしのなかでは正に出版記念パーティでした。感無量です。三年前、戻ることが危うかった市井に舞い戻って、長年叶わぬ夢が叶って、わたしの原稿が本になり、そして記念講演ができようとは!夢に見ることの無かった夢の成就(?!)でしょうか。奇妙な感じでした。沢山の人がわたしを今日まで支え、ここに誘ってくれたのです。感謝感謝。平静ではいられない感激に圧倒され続けでした。

   会場にお越し下さった方々の印象は、「なんてみなさん暖かいの!!!」で(実は)絶句しました。既に会場にお集りのみなさんの熱心さは常でなく、そして眼差しが暖かく感じられました。

   普通、講演とは、その題目は分かるけれど、この講師はいったい何をどうしゃべるのだろうか?それを聞きましょう。そしてそれから判断しましょうと、考えて会場に来て下さるのだなあと感じていました。

   それなのに、はじまりもしないのに、話しが終わった時に感じる共有できた幸せを会場の方から感じたのです。もうすでに何かが終わっている感じでした。いままでは夢の話しです。厳しいこともあり、全員がほっとするのは難しいということもあったものです。しかしこの夜は違っていました。

   この報告文を仕上げるのはいまのわたしには難しいかもしれません。どうしてみなさんがこんなに暖かいのか、その理由を分かっていないのですから。

   お出で下さった方々は、すでに長年のお付き合いで勝手知っている人、クラスの受講生や卒業生、友人知人でその又友人知人、通信講座を終えられたご夫妻、そして見ず知らずの方々と多様でした。

   前もってそれを予想していたので、夢を絡めて自分のこれまでを話すことにしました。みなさんの夢をお聞きするのではなく、わたしの夢を語り、夢で自分をどう作ってきたかを話すことにしました。

   数日前から夢日記を取り出して読み返したところ、どう話してよいかと思案投げ首。一抱えもある日記の中から最初の日記を取り出して、これだけに絞ろうと決めたのに、これでも膨大過ぎてまとめは難しいと考え込んでしまいました。

   当日準備不足のまま団長さんの司会で講演ははじまりましたが、団長さんの気配りはそこはかとなく自然で対話形式に進みました。この方のマルチな才能は人徳からはじまっていると納得したものです。ロックのシンガーソングライターのイメージではなく、なんだか優しいお坊さんに慰められ励まされして、進行して行った感じでした。

   何をお話したのか、自分で思い出しても赤面です。しかし、この準備不足の自分史は試みて正解でした。次に繋げようと意欲が出てきたからです。待っていて下さいね。いつかしっかり順序立ててお話しますから。

   サイン会に移って、なお一層みなさんが熱い思いでご出席下さったことを知りました。おふたりに花束を戴くハプニングもあって、こんな幸せ絶句ものです。

   帰りの電車で、夫は出来が悪いと厳しく、わたしは揚げ足を取って、「終わって直ぐにクレームをつけるとは何事か!」と反撃に出ながら、落ち込みもせずこの幸運に酔いしれました。

   次の日、出席下さった生徒さんが言ってくれました。魂からの言葉を受けとった思いだったと。振り返ってみれば、上手にお話はできなかったけれど、何だか興奮して「夢の大切さ」だけは言い続けたなあと思ったものです。

   PHP研究所の副編集長さんは、はじまりから終わりまで、わたしの補佐をして下さいました。有り得ない、ありがたいことです。

   そして、次の出版も大盛堂さんでトークショーをしていただけるよう、今度は実現すべく現実的に夢を見ることにしました。

   みなさんありがとうございました。
   

   
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/04/27 18:45 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<娘は母を求めて、遠ざけて | ホーム | 女性性と男性性の統合という課題>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/103-4575ec48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。