スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
夢のメッセージを知るワークショップ in 広島
       夢のメッセージを知るワークショップ in 広島


   『あの世に聞いた、この世の仕組み』(http://blog.goo.ne.jp/namagusabose/)というブロクにとてもおもしろい話しが載っています。6月6日付けの『ミケランジェロ・コード』という記事です。

   夢を絵にすると、たまに、「解剖図?!」と、見紛う程にびっくりするような絵に出会います。だから、このミケランジェロ・コードも納得します。科学的に納得するというより、わたしのことですから感覚的に納得です。それにこれだと何だかみんな一緒で気楽な感じが湧いてきます。

   この神と人間が手を繋ぐその瞬間が誰にでも訪れるのを、この図が視覚的に説明してくれているるようで、百の言葉より雄弁です。


   さて、西日本ではじめてワークショップをします。それも贅沢に泊まりがけです。わたしがお話しできるのは夢だけなので、いままではこうした遠距離の講演のお声をかけて戴くことがありませんでした。が、ここに来て最終ツールの夢に多くの人の興味が湧いてきたのでしょう。。。或いは、天の計らいでしょうか。。。。。かもしれません。

   自分と神がひとつになる、その道筋を夢は示してくれます。瞑想もその道筋ですが、入り口は夢です。だれもが一斉に神とひとつになる、そんな時代なのでしょう。多くの人が、霊的言葉の夢のメッセージを受け取れますようにと願っています。

   今回のワークショップもその一助になってくれるでしょう。そこでいままでお話しすることのなかった、自分の夢とこれまでを取り上げることにしました。

   という訳で、いま自分の夢ノートを引っ張り出して、夢のメッセージとこれまでをどのように織り合わせてきたか、読み比べています。

   30年以上も前の自分の夢ノートをみると、夢の部分はさすがに客観視できますが、自分の不幸に夢中になっているその姿に笑えます。そんな自分のプロセスが愛おしいです。発見です。

   それから、これもお話することにしていますが、夢ノートは魂の財産です。雄大な宇宙のその姿を見るように、夢の記述は真理と励ましと優雅な思いやりとで溢れています。

   私の翻訳本に「ドリームブック」(ベティ・ベサーズ著)というのがあります。1992年の出版本です。いまは他の方の訳で新装版が出ています。その巻末に自分の夢の実例集を載せました。著者の原稿量が1冊にしては少なかったので、その穴埋めでしたが、わたしのまわりでは、それが評判です。思いがけない、「棚からぼたもち」みたいな思い出です。そのなかに、Kさんがわたしに、あなたの花を活けて飾るようにと言って下さる夢を載せました。

   当時は、本で解説した意味だけ受け取りました。それを実行すればわたしの責任は果たせると思っていたのですが、ここに来てこの夢が30年の時を経て再び意味のあることだと分かりました。

   Kさんは、いま住まわせていただいているお家の持ち主でした。その方のお嫁さんがおばあさまのご意向を汲んで、その後長くわたしに声をかけて下さったのです。巡り巡ってこの家に住むようになって、再び社会に向けて花を飾る出番がわたしに与えられるようになりました。文字にできない感動を覚えます。

   他にも夢にまつわる思い出はたくさんあります。まだ実行していない夢もあります。大きくいえば、夢はこの世のはじまりからこれまでの魂の軌跡を、ユニークな痕跡として教えてくれます。
  
   そんなことも広島の会場ではお話しましょう。どうぞ、多くの方々がご自分の魂の言葉・夢のメッセージに触れて下さる機会になりますようにと願っています。

   ご連絡は下記にお願い致します。


    エドガー・ケイシー講演会実行委員会
お問合せ:070-5528-0648(鈴光)
e-mail : bright-ring@s8.dion.ne.jp

スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/06/13 11:45 】
ワークショップ | コメント(4) | トラックバック(0)
<<6月からの怒濤の進化 | ホーム | 結婚賛歌>>
コメント
読み終わって 私の中に 花が咲いたような優しい ほほ笑みが 湧き上がってきました。
【2009/06/14 13:43】
| URL | #-[ 編集] |
ドリームブックに救われた一人です。

自分の課題に気づかせていただき

人生を改善させていくことができました。

ありがとうございます。

いつか大阪にも来ていただきたいです。

【2010/08/17 10:30】
| URL | まきこ #K9Etiidg[ 編集] |
まきこさま

信じがたいことでしょうが、コメントに返信する方法を知らずにいました。
今までコメントを戴いた方々に返事を差し上げていません。
もしまきこさんがこのコメントを読んでくださったらと、
2ヶ月半もして、こちらで返事をしています。
いつか大阪でお目にかかりましょう。
コメントありがとうございました。

ドリン
【2010/11/01 20:32】
| URL | ドリン #-[ 編集] |
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/12/13 17:32】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/109-28b9bd72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。