スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
今年を振り返ってみたら
       「今年を振り返ってみたら」

 鎌倉の海岸も、住んで3年半、様変わりしました。海岸線を走る国道は相変わらずですが、波が砂浜を駈け上がるその位置が上がっています。

 潮位が上がっているのでしょう。その所為で、国道の下になる崖がえぐられ、つい先日まで歩道の敷石が割れて砂浜に散乱していました。わずかに風情のあった5、60メートル程の砂丘を守る竹垣は、すっかり波にさらわれ、後には砂袋とコンクリートの殺風景な護岸工事が施されました。散歩できる砂浜の幅が狭くなりました。波に足をすくわれないように絶えず見届けながら歩くようになりました。

 引っ越してきた頃は、お世辞にもきれいとは言えない海岸でしたが、この頃ゴミが少なくなりました。

 昨日は、海岸でふたりだけの散歩でした!!!朝の9時過ぎは散歩にしては遅い時間ですが、海は凪ぎ、たったふたりのサーファーが貴重な波に乗って遊ぶ姿を遠くに見ながら、いつもよりずっときれいなブルーグリーンの海の色を楽しみました。

 ここもほぼ都会生活ですが、この頃なにげに景色全体が美しいと感じます。光が美しい。

 思いの外富士山を見ることは少なく、日本有数の富士山景勝地も名が廃る(?)ほどスモッグにはばまれ、全景を見るのはまれです。時に、群がり押し寄せるカメラマンに気の毒な程です。が、条件が良い時はさすがの景色です。

 今日は寒く風強く、富士山は真っ白で、斜面全体に粉雪が舞っているのでしょう。吹き荒れる雪の塊を身に纏っているお姿を拝見しました。

 海は荒れて、波頭は白くダイナミックです。その海は鈍色に違いないのだけれど、鋭角的なにびいろです。冴えた紺色と群青色が奥深くに横たわった、そんなにびいろ。いつになくきれいな冬の海です。

 ところで、夢に取り組みはじめた受講生が、富士山を夢に見ることがあります。わたしもドリームセラピストとして世に出る頃、富士山の登山口を歩く男性の姿を夢に見ました。日本人に取っては、富士山は心のふるさとであり、誇りなのでしょう。初夢の言い伝え、「一富士二鷹三なすび」は初夢でなくてもメッセージ性があります。

 滅多に振り返ることの無い人生なのですが、来年の為にきちんとけじめをつけようと、今年のはじめに思いを飛ばしてみました。今年のはじめはちょっとブルーでした。夫がしおれていましたから。

 そこではたと気づいたのです。今年一番ありがたいことは、夫とふたり一緒に心身の治療をお願いできる先生にご縁を戴いたことです。わたしひとりではどうもならないと、助けを求めました。今年の春まだ寒い頃からのご縁です。突っ張っていたつもりはないのですが。御陰さまで夫もわたしも元気になっています。

 助け助けられてはじめて人生が好転して行くのですね。愛はやり取りだとわたしは思っています。縦のやり取りではなく、横のやり取り。助けを求めることができて、ワークショップの機会も増えました。だからこそ、たくさんの方達にわたしなりの愛を差し出すことができるようになったのだと感じています。

 今日の富士山を見ながら、夢も現実も同じようにメッセージをくれるものだと、あらためて思ったことでした。威風堂々。人生の旅を続けます。

 年の暮れですが、初心に戻るための富士山の話でした。
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/12/18 21:31 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<出会えた初日の出 | ホーム | ケイシーセンター主催のビギナーズコース>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/132-4ebeab32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。