スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ケイシーセンター主催インターミディエートコース開催
   「ケイシーセンター主催インターミディエートコース開催」

   
   少し自慢をします。どうぞご寛大にお読み下さい。

   昨日ケイシーセンター主催のインターミディエートコースが開催されました。半年に渡るビギナーズコース修了者で、更に夢の勉強を続けようという気概のある方たちが受講生です。

   遠く青森、奈良、群馬と尋常じゃない距離をものともせず、受講されるみなさんの気迫にただただ感心し、感慨に耽りながら初日の一日をご一緒しました。

   ビギナーズコースでは毎回受講生自身の夢のメッセージを紐解いていきました。夢が知らせる状況は、自分の現状だと理解すること。そこで判る自分の問題は、半年に渡ってだいたい同じであること。更に、自分の抱える問題が明らかになったとしても、それと納得するには充分な熟慮が必要であること。これらが中心のビギナーズコースでした。

   そこで勢いインターミディエートコースは、夢のメッセージを実行に移す前の気構えや準備が主な課題になります。勿論中にはさっさと実行に移せる人もいるでしょうが、大抵は夢のメッセージを実行するにはかなりの時間がかかりますし、それで良いのだとわたしは考えています。

   なにせエドガー・ケイシーは、自分を知るには夢が解ることだといっています。自分磨きに「祈りと瞑想と夢」への取り組みは欠かせません。言ってみれば、夢への取り組みは「ひとり・神の探求」だと、わたしは考えています。

   そんな大事な自分磨きの道具である夢が、そんなに簡単に解る訳がないのです。そんなに簡単に実行に移せる訳が無いのです。

   話を昨日に戻すと、「ケイシーを勉強して長いのです、わたし」が、枕詞のようになっている受講生がいます。とても率直で、おしゃべり好き。明るく華やかなファッションが好みの、憎めないキャラクターの主です。ムードメイカーなので、他のメンバーは彼女の話を止めないし、止められません。

   その方が、昨日見事に現状を把握していくプロセスを、受講生全員に見せてくれました。勿論全員の支えがあって起きたことです。半年の仲間意識は相当なもので、ビギナーズコースでは目立たず脇役でしたが、昨日ばかりは主役でした。
    
   話は行き着くところ、実行に移すのみでした。早ければ早い程好い。そんなみんなの後押しで、帰宅後、家族に向けてやるべきことをやってくれたようです。その結果、分かり合えたのだそうです。

   ひょんなことでそのニュースが飛び込んできました。

   その受講生が家で何をやったかですか?「こんな夢を見てね。夢の勉強仲間が、それはこんな感じじゃないかねって言っていた。だから御免ね。」ですかね?

   えぇ、こんなんでいいんです。あんまりくどくど言わなくたって、夢ってどう言う訳か、真っ直ぐ解るってことありますよね。受講生みんなで出し合った知恵を、そのまま受け取って行動に移した、その受講生の真っ直ぐさに、まず心打たれました。そして、この人たち全員をリードしている自分を考えたら、とても誇らしいキモチになりました。

   リードするわたしの立ち場は、リードさせてくれる優秀で中味のある受講生あってこそです。これってかなり自慢できる話ですよね。で、くどいようですが、これすべてがわたしの自慢話です。ご寛大に受け取って頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【2010/03/08 21:31 】
ワークショップ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<善悪や占いと違う夢の中味 | ホーム | 宮崎の友人と神戸の夜景>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/141-8e9858b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。