スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
膀胱炎の知らせ
       「膀胱炎の知らせ」  

 前回、洪水の夢に絡めて,身体の中が脱水状態なので膀胱炎になったようだという話をしました。

 私にも、「そういえば、膀胱炎を知らせる夢があったなあ」と、ある夢を思い出しました。そこで今回は、夢が伝える忠告は科学的な真理を含んでいるらしいという話をしましょう。

 ところでその前に、一言お断りを。
 私はこのコラムで、好き好んで自分を裸にしている訳ではありません。しかし夢は極めて個人的なものなので、他人の夢はおいそれと使えないのです。差し障りが無い自分の夢や、公になっている夢の話で何とか間に合わせなくてはなりません。
 俎上に載せるのが自分の夢なら差し障りが無いとはいえ,夢の解説をしているうちに、知らしめたくはない状況も、文章の合間合間に見え隠れします。

 これからお話しする夢はデリケートな話です。他人の前にさらす類いのものではありませんが、夢の真実性の前では、どうということの無い当たり前の話かもしれません。この話を知って、きっとほっとする方もおいででしょう。

 夢は,「トイレの扉の前が雑然としている」というものです。扉の前に荷物が置かれていて,何か全体的に汚いなあという感じ。
 ストーリーは無く,丁度スーパーマーケットの従業員のトイレみたいで,中が不潔というのではないのですが,この一瞬気を緩めたら,不潔になりそうという危うい感じです。そうそう、白い三角巾をかぶった中年女性が、その雑多な荷を片付けようとする姿が見えます。

 この夢を思い出した朝は緊張で辛かったです。結婚前の彼の部屋で目を覚まし,このトイレの状態が私の陰部を表していると、覚悟を決めました。発症するかどうかは夢の時点では微妙だったと、今は思います。しっかり後処理をやって、身体の内外を水で流せば,亊無きを得たかもしれません。夢には、働き者の掃除のおばさんがいましたからね。

 昼頃になって、我慢できず近くの病院に行きました。幸い彼も付いてきてくれて,彼の中の私の位置を知ることになりましたが。

 この場合は,陰部の傷が膀胱炎の原因になったのでしょう。夢の場面が身体の構造を象徴的に表しています。前回の膀胱炎と、原因が違うように思えますよね。

  長年夢に親しんできて,夢の真実性というか、夢が教える真理には知識が追いついていけてないのかもしれないと思います。私レベルの知識のみならず,今のところの人類の知識という点でも。今回の例は、ほぼ納得していただけると思いますが、どうでしょう?

 象徴には、文字文化を超える人類への功徳があるのかもしれません。
 夢は、時空とものをもって象徴し、そこに真理と愛を盛り込み、夢主の精神性霊性を厳格に伝えてきますから。そして人は、象徴を前にすると考え深くなります。これが功徳でなくて、何でしょう。

 では今回は、夢が忠告しくれても、それを上手く行動に移せなかった私の経験談ということで、次回にお目もじを。

スポンサーサイト
【2007/09/14 14:28 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(0) | トラックバック(0)
<<夏の疲れ | ホーム | 洪水の夢が伝える身体のこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/23-f985d528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。