スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
夢のメッセージ

      「夢のメッセージ」


 夢辞典「夢のメッセージ」は12月19日店頭に並ぶ手はずになったそうです。定価は952円。税込みで千円ということでしょうか。驚くべき値段に最初はびっくりしましたが,有能で口数少なくすべてお見通しの編集者は、「これで」とだけしか言いません。その方が完成度の高いものになったと、夕べ電話で言ってくれました。特に表紙が効いていると。何というしあわせ!

 というような訳で、わたしの作業はほとんど終わりました。もうこうなると、身が二つになった心境で,わたしが産み出したのに,わたしのものではない感覚に襲われました。

 そこでわたしの夢。

 [公民館のような玄関に靴が沢山並んでいるのだけれど、そのなかにわたしの靴が見付からない。それにどれもこれも趣味じゃない上、くたびれた感じ。こうなったら裸足でだって靴屋に行って新しい靴を買いにいかなきゃと,裏手に出るとそこはお店で,靴も売っている。ではと物色するが、こんな靴頼まれたって履いてやるもんかというものばかり。ひそかに、絶対足に合う上等な靴を、よそに行って買ってやるんだと自分に言い聞かす。]

 
 ほんとうに、夢のからかいってこんなものです。本が出たら,もう田舎に引っ越そうかなと半分マジだったんですから。気抜けしたんです。いままで日が射さないことおびただしかったですから,出版で緊張が解けて脱力感に襲われたのでしょう。それを夢はお見通し。

 つまり、「あんたこれで、これぞ自分という仕事をやり終えたと思っているらしいけれど,どうでしょうね? 自信を持ってこれぞまさしく自分だ、坂内慶子だ!っていう仕事をしたの? 生き方をしたの? これからじゃないの?」という訳です。

 はい、考えてみれば、原稿に書き起こせた内容は,沢山の受講生が提供してくれた夢の御陰ですけれど、公にできる夢の効用はまだ限られています。辞書には載せられない内容が山積みに残っています。

 例えば,人参を夢にみれば、それだけでその人の心境が分かる訳だけれど,人参に含まれるカロチンをこの心境への特効薬と捉えたら,かなり斬新で画期的な科学的アイディアが出てきます。仮説ですが,カロチンを形容詞的な言葉に置き換えることも可能で、ここから象徴と具体性とが一致し,真理がひとつになって見えてくる。そんなこともみんなでやってみたいなあと,思ったりしますし、などなど。

 それに出版に会わせたようにセミナーが企画されました。という訳で,夢にからかわれながら,新しい自分を生きようと、元気を取り戻したところです。

 [夢のメッセージ」に戻ると,来年二月という当初の発売予定を、クリスマスプレゼントと初夢に備えたいので,遅くも12月中旬までにとお願いし,滑り込ませてもらった次第です。出費の多い時期ですが,この本の為の予算をとっておいていただけると,嬉しいです。決して,決して損はさせません。ついでに友人知人へのプレゼントにいかがですか。表紙絵は天使です。天使が幸運を運んでくること間違い無し。保証します。幸運の私の保証付きです。

 次回は、表紙をお見せできるようしたいと思っています。

スポンサーサイト
【2007/11/29 14:20 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「夢のメッセージ」の表紙 | ホーム | 本の表紙絵>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/30-ecc38134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。