スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
初夢会が教えてくれた今年の課題

       「初夢会が教えてくれた今年の課題」


 1月5日にマジェンタで初夢会をしました。わたしはゲストで出席したのですが,講師と夫の書記係だけが男性で,出席者は全員女性でした。ぎっしり盛況の初夢会は、熱気ムンムン。知らないお顔に旧知の姿と。誰もが少し緊張して見えました。これから何が始まるのか,既にこのときから出席者全員が,実利を得ようとひとつになっていたのでしょう。

 去年も講師ご夫妻がご招待してくれましたので,ゲスト参加はこれで二度目です。去年この初夢会から、わたしの再デビューのレールが敷かれました。講師の先生はかつての生徒さん。わたしが世間に居場所を見つけられない間,淡々と10年に渡ってやり続けてこられたこの場所を、わたしの足がかりにとご用意くださったのです。

 このご配慮には格別の思いで感謝しています。しかし、去年の当日、彼の実力はいかほどのものかと,かなりシビアーな気持ちでいたのも事実です。

 そして、それを知る場面が厳然とありました。彼を信頼できるその度合いが、及第点を突破している、それを知ることができました。信頼とはそう言うものではないでしょうか。ここまでは、確実にやれるという確かさを去年の初夢会で、天が教えてくれたように思っています。

 夢のワークショップでは常に感じることですが,夢そのもののメッセージを感知するのは,それ程難しくありません。誰もが何かしらどの夢からも解答を受け取るものです。ですから講師の技量は、その解答を深めたり,夢主がチャレンジし易い言葉掛けができるかどうかにかかります。

 なかには,出席はするけれど残念ながら夢に立ちむかう気力がないままにワークに参加する人がいます。そういう人にはそれらしく、人生のいつか,この日のことを思い返し,チャレンジできることを願って、言葉を選びます。これが講師の最も難解なチャレンジです。

 それを去年の彼がわたしの前で,見事にやってくれました。去年一番難しいと思われるケースをそれと見抜いて,さらりと流す,それをやってくれました。

 そして今年。

 ふたを開けてみると,みなさんが初夢として出された夢はどれもこれも、「わたしは今年この考え方、生き方、信条としてきた信念を、打ち砕き、きれいさっぱり流して,真に自分を生きる考え方、生き方をしっかり自分のものにしてみます!!!」と、声高に言っているのです。

 これにはかなりびっくりしました。

 今年ってこういう年なんだと教えられました。 

 江原さんという霊を見る方が,テレビで「膿を出し,きれいな流れを呼び込む」年(正確な文章ではないと思いますが、こんな感じ)と表現されていましたが,それと同じメッセージがほとんどすべて、とわたしには思えました。

 ひとは大抵,自分の取り組んでいる問題をはっきりさせることができないものです。しかし今回の方々は,「わたしは〇〇〇をやめて,・・・になりたい」と明確な人がほとんどでした。今年はすべての出席者が、夢に立ち向かおうと決めておられます。膿を出す決心でおいでだったんです。

 でも、「〇〇〇をやめて」の方は、かなり明確ですが,「・・・になりたい」の方に難点が。イメージが弱いなあと感じました。

 例えば,毎度のことですが,「パートナーが欲しい、結婚したい」という人のほとんどが,どんな人生を送りたいのかというところがはっきり心のなかで描けていないなあ、と感じました。

 だからといってここで、こういうイメージを持ったらどうかと提案はできなせん(注・他人の夢に限定を設けたくないので)が、イメージでいながら、精神的に豊かな関係を示唆する、贅沢で品性のある場面を描くことが,この夢を叶える必須条件だとわたしは思っています。そう言う場面を具体的に考えてみて下さい。でもヒントが欲しいという声もありそうなので,ちらと。
 例えば,静かでほっとできて,ふたりの心が深まりそうな場面を思い描きましょう。そこで、最高級のフルコースなんて、人によっては良いかもしれませんね。この解説はここではしませんが。ふたりでアルコールのみというのはやめましょう。

 
 さて、講師の初夢のメッセージは,謙虚に楽しくやるなら(3)、グレードアップが見込めるでしょう(10)というものでした。(注・数字は夢に登場した,車のナンバーです。)

 これを皆さんと,今年の座右の銘(モットー)としたいと思います。
 
(注・夢に問題解決を願ったり,初夢として夢にお伺いを立てる場合,常に自分の心構えを訊いて下さい。「叶えたい夢は・・・です。そのための心構えを教えて下さい」という風に。占いではないので,成否は訊ねません。願いは敵うという前提が夢への態度です。)

スポンサーサイト
【2008/01/08 12:10 】
ワークショップ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<船井メディアの人見ルミさんと夢のセミナー | ホーム | ルネ・ラリックと夢のなかへ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/38-14a047d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。