スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
「甲状腺に絡めたあれこれ」と「夢のメッセージ」の「殉教者」から「地雷」
「甲状腺に絡めたあれこれ」

 去る師走の19日に、はじめての本「夢のメッセージ」を持って,恩人の仏壇に報告に伺いました。その日、「夢のメッセージ」は本屋の棚に並んだのでした。

 様々な思いを噛みしめながら帰路のプラットホームに立っていると、ノドの奥がいがらっぽくて、咳き込みました。その咳で,白い粒がノドの奥から二つ出てきました。白い粒は米粒を丸めて平に潰した感じ。小豆大です。

 子供のときにもこんな事あったよなと、掌の白い粒を見つめながら、その近辺の思い出がよみがえってきました。

 それから暮のどさくさに、気には留めていられないあれこれがあったとはいえ,何やらノドの奥に違和感がまとわりつきます。食べ物を飲み込むのに差し支えはありませんが、小さなしこりが、首の付け根にあるのです。

 新年も10日を過ぎて,夜中にノドの緊張で目が覚めました。最早これまでと、耳鼻咽喉科に行きました。先生は丁寧に見て下さったのですが、「何でもない」と言われるのみで,安心はしたものの症状が消える訳でなく、どうしたものかと又一晩悩みました。
 前日よりは少し足を伸ばして,知人の息子さんがなさっている病院に伺いました。そこで内視鏡を使って病変がないことを知らされ,ほっとしました。しかし治るとも治らないとも言えないとのこと。

 次の日,いつもお世話になっている近所のソフトカイロの治療師にこのことを相談してみました。するとストレス筋とも称されるノドの筋肉が緊張してこの症状になったとのこと。「どの位治療したら治りますか?」と伺ったら、「一回で症状が取れる場合もあるし」とのこと。

 結果は、一回で治りました。歯を食いしばって,原稿書きをしていたのでしょうというのが,この治療師の診断です。これからは少し口を開けて(?!)机に向かうと好いでしょう、とアドヴァイスをいただきました。

 診断結果は何でもないという、これがこの三年続きます。まずはじめに,腸閉塞。舌のかみ傷。膀胱炎もどき。そして喉の筋肉の緊張。他にも、結果なんでもないと言われる症状を追っていくと、子供返りしているような。症状から順に年齢を下っています。子供のときは症状に深刻な病名がついたのに,いまは次々に「何でもない」が続きます。

 ここからが夢の話なのですが。10代の頃、ガムが口のなか一杯で、粘着力の強いゴム状になっています。それを取り出そうと引っ張るのだけれど、いくらやってもガムはノドの奥に絡み付いて取り出せません。この夢を繰り返し見ました。

 自分の考えを整理できず、言葉として伝える術を知らないので,自分の必要を表現できません。そこでノドをかきむしる毎日になってしまったんだなあと,その頃の自分をいとおしく思いだします。

 こんなわたしは、症状の重い病気を次々に作り出し,自分の混乱を周りに訴えかけていたのです。そうはさせてなるものかと、夢の方では繰り返し警告を発していたのに,これが警告だったと気付いたのは、後年夢の意味が分かるようになってからです。

 本の原稿作りは自分の考えを整理しながら,読む人々に分かり易く且つ説得力を持たせようと励む行為です。出版はその能力がつきましたねという証です。つまりプラットホームで白い粒を見せられたのは、「さあこれで大丈夫。つかえは取れた!」と背中を押されたのだと感じました。それなのに、また病気なのかも!と心を騒がせたので、ソフトカイロの治療師の診断が必要だったのでしょう。何とも情けない話になってしまいました。しかし子供のときは生かせなかったのに、今回は及第できたようです。

 耳や鼻や咽喉に関係した夢を見る人は,わたしの抱えていた問題と同じ質のトラブルを抱えています。この種の人は過剰に他人の理解を求めます。他人に理解されたいという乾きは癒されるはずもない。自分が自分を理解するのは,真実の行為ですが、他人の理解は真実だけとは限らない。そして、自分を理解することはそれほど難しいことでもありません。困っている,混乱している、悩んでいる、その一瞬一瞬を自分と一緒にいるだけ。これが何にも増して力強い味方です。

 この耳鼻咽喉に関わる腺は甲状腺です。これは第五チャクラに相当し,意志力に関わってきます。わたしのガムの夢は、意志力を使わず,他人の理解を求めるあまり亢進症に近いほどに混乱していたんだなあ、と、今は理解しています。

 それにもうひとつ、口のなかを夢に見る人も同じ傾向があります。口のなかに錨があったり、奥歯にトラブルがあったり。根は,怒りなんです。理解されない怒り。しかしこれって「他人に理解されない」というより、「自分を理解しない」自分への叱咤激励でもある訳で,「自分に優しく自分に添って」と夢が言っているのと同じです。

 夢と現実のリンクは見事なものだと感心して、甲状腺の作用の話を。

 病院で何でもないと言われるくらいの症状のうちに,ストレスを解消できるようでいたいものです。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「夢のメッセージ」の「殉教者」から「地雷」


*殉教者(老)
自分に真向かう責任を、他人の世話に夢中になって責任回避すること。善良でありたいこと。誰も他人の人生に責任はありません。他人の人生の責任を引き受けると、人生は複雑でエネルギーの捨て場になります。自己愛が足りないので他人の不出来が気になります。「生け贄」を参照のこと。

*巡礼者・お遍路さん(老)
心の内を真摯に探求しようと決めること。自分のペースで自己探求に取り掛かること。或いは自己陶酔型の真理探究者。

*賞・賞金・賞品
課題への取り組みに成果を上げたこと。次に進む前にそれをしっかり認め、自分を誉めましょう。ここでそれをしておくと、次の課題に取り組むときの活力になります。
文脈によっては、過剰な自己評価。功名心の表れ。

*錠(シャ)
型にはめた自分。自分の殻に閉じ籠もること。思い通りに行動したり、心を開いたら恐ろしいことが起きるだろうという錯覚。

*正月(老)(子)
子供時代の想い出と重なるときは、インナーチャイルドを癒して上げましょう。楽しい想い出も楽しくない想い出も、正月の舞台を借りて子供に戻り、自分を大切な存在と実感したいので夢を見ました。正月の夢はまた『一年の計は元旦にあり』という言い伝えをイメージさせます。あなたの思い描く将来を確認する夢です。あなたがどんな一年を送りたいのかはっきりさせるよう夢は伝えています。楽しい正月を夢見たから楽しい一年になると短絡的に考えるのではなく、あなたの願いが楽しい一年をつくりだす、と考えましょう。

*将棋・チェス
敵も味方になる複雑な人生ゲーム。競走の複雑さ。王手に打って出るか出られるか勝利と敗北だけの人生。

*乗客
同類を頼みにすること。社会状況の波に乗ること。「赤信号みんなで渡れば怖くない」と同じ事になっていないかを省み、自身に戻る勇気が必要でしょう。公共の乗り物を参照のこと。

*商店・店(子)
あなた本来の必要を満たしてくれるもの。あなた独自の人生をやり抜くための資質。店の前で商品を見たり選んだりする夢は、課題に納得し始めていること。品物を買う夢は、心の資質を使っていこうという決心の現れです。店に並べられた品物はすべて、その品物の示す特色があなたに与えられるチャンスを示しています。内面の変化が起き、ものの見方が変わってきています。「買う」「デパート」を参照のこと。

*商人・売り子(子)
金というエネルギーを媒体にして、あなたが必要なものと交換してくれる人。その人の持っているものを手に入れるとあなたは新しい自分を得られます。新規の自分を得るには決意がいります。決意の度合いが金額なので、高い買い物を気前よくしましょう。「セールスマン」を参照のこと。

*小便
終わったことをきれいに流せているかどうかを見ます。流せていないと執着になり、上手く小便が出ない夢になります。心配事ばかりでなく、功績を挙げたことや喜びも今後のために手放す必要があるでしょう。
時に気持ちよく小水をして、終わったと思ったのに目が覚めて、膀胱がパンパンに張っているのに気付くことがあります。粗相に到らずトイレで用を足せたら、気持ちの良いものです。心身共に夢と現実で体験したこの気持ち良さは、現に手放す必要のある
心の問題を手放して、健康な心でいるようにというメッセージです。

*消防士・消防車・消防署(アス)
怒りに振り回されても、大事になる前に何とか納めることができること。端を発したのがあなたの感情であろうと誰のであろうと、その原因を知ろうとする率直な態度は必要です。

*女王・女帝・皇后(ア)(グ)(ぺ)
魂に男女の別はありませんが、生きている間は肉体に性別があり、心の在り方に性差の特徴があります。「女王」は、あなたが創造的であるには女性としての資質を最大限に発揮するようにとアドバイスされているか、周りを意のままに動かす女王のように振る舞うあなたを反省させようと夢に現れたかのどちらかです。「王・皇帝・天皇」を参照のこと。

*食卓・テーブル
食卓に供されたものを食べて栄養とするとは、目前の課題に取り組むことで心を養うこと。テーブルを共にする人とどう取り組むか、又どう取り組むべきかは夢の文脈が教えてくれます。テーブルに置かれたもの或いは置かれていないものが延期の憂き目にあっていることも。

*女性(ア)
あなたのイメージの中の女性的側面。創造的直感へのナイーブさ。親しみやすい解放性。受容的順応力。女性的特質を創造的に用いているかが問題です。「男性」「陰陽」を参照のこと。

*女性性器・外陰部・ヴァギナ(ア)
創造的受容性。生み出すことへの開放的態度。女性としての体と感情と資質を受け入れること。メンスの出血は豊穣を、傷や怪我の場合はセックスエネルギーの漏れを示します。夢で性器を取り上げるのは、自分の性を自己表現に謳歌することと性が神聖であることを知らせるためです。例えば、恋心はあるのに異性や結婚や出産に恐怖を覚えるのは、不自然で不可思議。性器の形をした道祖神も性が神聖であることと創造性への開放的態度を奨励するものです。「ペニス」「性器」「男性」「女性」を参照のこと。

*食器・茶碗(ア)
心の栄養になるものの媒体。因みに実体験に移る前の手順は、夢では料理の場面になります。心の栄養になるどんなものが盛られているか、何に自分が挑もうとしているのか見極めて下さい。欠けたり汚れた食器は、問題に取り組む前の姿勢に不備があることでしょう。食器を洗ったり片づけたりしていれば、表だった問題や事態は峠を越していることです。後は問題を各自がどう消化し栄養としていくかです。食器に料理が盛られているのに食べるのを躊躇っていれば、何故躊躇しているのか心の内を探って下さい。

*地雷
奸計に自ら填ること。策を弄して策に填ること。不毛の奸策。怒りのあまり自分や他人を貶めようと頭を巡らせること。事態にあなたを貶めるものを見るなら、離れることが最良です。

スポンサーサイト

テーマ:夢を日常の心身の健康管理に生かしていこうというのが、主旨です。 - ジャンル:趣味・実用

【2008/02/01 07:32 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「船井メディアの夢のセミナー」と「夢のメッセージ」の「白雪姫」から「新聞」 | ホーム | 船井メディアの人見ルミさんと夢のセミナー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/40-b2c6eef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。