スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
「夢の花」
       「夢の花」


 花が登場する夢の相談を受けました。

 その夢主さんにご迷惑のかからないところで,夢が語る花についてお話ししましょう。拙著「夢のメッセージ」には取り上げていない見方なので,みなさんのご参考になればと思いこの話をします。

 夢に登場する「花」は、やっぱり人生の花。夢のテーマは、「人生を花と咲かせるには」と受け取って間違いありません。その夢主さんはひところの苦労を脱却して,やれやれと胸を撫で下ろしているところでしょう。もっと花の人生にしましょうと、夢が後押ししています。夢の花のテーマはどれもこれが基本です。とはいえ、花って何でしょうね。

 夢に登場した花の名前は分かっているのですが,ここではあえて明かさないことにします。それで話が通じるからというのが理由です。とどのつまり、夢の構成というか、構造は重層になっているものなので、一層分さえ思いだせれば,メッセージは受け取り可能です。登場する事物と人物とストーリーは重なって,同じことを伝えているということです。

 最初の花は、観賞するには目線を上げて,どちらかと言えば,仰ぎ見ないといけない種類です。それと対照的に,もうひとつの花は、目線をかなり低くしないと見られません。ついでに、前者は和風で,後者は洋風。どちらも気付かず通り過ぎるには、華やかな花です。つまり、ふたつをひとつの画面で見ると雑多な感じになって,趣味が良いとは言えない組み合わせ。

 人生、時に目線を高く置くことも必要。でも、いまは下を見て,日々の愉しさに心を砕く,かな、と。

 なかなかすごいでしょ。両方を同時に見るのは難しそうな感じになってきました。これが夢なんですね。夢の構成に脱帽です。これだけで、メッセージが取れた感じ。

 でも、すこしおしゃべりを続けましょう。本題は,夢の構成・構造についてお話ししたいのですから。他の部分がこれと同じにテーマを鮮明にしているかどうか、つまり花が他と重なっているかどうかを見ていきましょう。

 夢に戻って、仰ぎ見る必要のある花は、白です。目線を下げる必要のある花は黄色。つまり、上は白で、下は黄色。

 ここで、更にストーリーをお話ししたら,びっくりするほど話が早く納得していただけるでしょうが,それをしないのは,このふたつの花だけで,夢のメッセージは分かるし、色はその保証になっていることを分かっていただきたいからです。それを分かっていただくために,あえてストーリーを話さないで,夢の解説を試みています。

 黄色は体内にあるチャクラの色だけど,白は身体を超えたチャクラで、この世を出たところの色。理由は簡単,すべての光,或は光の三原色を等量重ねるとできる色ですから,理論的には悟りの色。黄色は第三チャクラを表し,そのエネルギーセンターである内分泌線は、副腎に相当します。更にこのエネルギーとホルモンは感情の働きに関係し,感情にまつわるカルマとも繋がっています。簡単に言ってしまえば,課題は感情を感じることで,いまは感情を感じていられるときだから取り組んだらどうか、と取れないこともありません。と言う訳もあって先に,「日々の愉しさに心を砕く」と言ってみた訳です。

 つまり、このまま(冷静を決め込んで、或は社会の価値観に合わせて)上を見続ける?それとも(嬉々と感情豊かに)足下を注意しながら気楽にやる? というのが、メッセージ。

 
 白は高貴で、黄色は無邪気。白は品格で、黄色は陽気。白は遠くで,黄色は身近ともいえます。

 自分の夢が分かりにくかったら,こうやって客観的に分析的に考察してみましょう。

 ちなみに、花の場合は、好き嫌いで判断しても大丈夫。通常はこの方法が安全です。夢に登場する人物の場合は,注意が必要ですが。花の場合は、ワクワクするかどうかで判断する方がメッセージが取り易く、よいかもしれません。しかしこの夢の場合,白い方に夢主は関心がないかもしれないと思いました。これはストーリーからの推察です。では、黄色い方はどうでしょう。これも確かめていないので良くわかりません。が、夢主さんにとっては、この夢がありますから,この花を見る度に特定の感情を知ることになるでしょう。それが本当のメッセージでしょうね。しかしこの方は子育て中なので,子供とのやり取りとこの花とこの色が重なることは容易に想像つきます。

 夢の構成は,上方の花vs下方の花イコール白vs黄。そして、この白い花vs黄色の花=(イコール)他の人物vs自分の位置、或は二種の花=(イコール)ストーリーとなります。

 夢全部を思いださなくても,夢のメッセージは分かるものだってご理解戴けたでしょうか。

 さて、ここに登場した花は、どちらも薔薇でもなく百合でもない、と既にご承知で。し。。た。。。 

 そうなんです。これが完璧な夢の構成・構造。いつも夢が解けると,夢の英知に感心して、かなわないなーと思わされます。
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2008/03/17 06:41 】
夢のメッセージの取り方 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<十才にして悪夢を克復した企業人(その1) | ホーム | 幸せを知る切符>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/46-141e2a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。