スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
主体性を創る
 「主体性を創る」 


 前回、「十才にして悪夢を克復した企業人」(その2)と題して,夢主の生き方に主体性が無いので夢を見るという話をしました。これは夢の方から、真逆の、主体性をいまなら持てるからというエールです。今回はこれについてお話しましょう。

 「主体性」に焦点が当たる典型夢は、夢のなかで誰かに何かを言われてその通りに動いたり,言われた内容に逡巡する。これが、主体性云々の典型夢です。

 たとえば,夢に登場した占い師やその道の専門家が何かを提案してきたら、それにすんなり従っている場合のことです。これが、他人の助言に左右され過ぎだという指摘です。

 夢でいかにも偉そうに、「こんなことしたら悪いことが起きますよ」と言われたら,そうかもしれないと、思い込んでしまう。嘘のような話ですが、大抵の人はこの自分の態度に疑問を持ちません。むしろ夢に登場した相手の意図を汲み上げようとします。

 通常夢の中でもその道の専門家は、聞くに値するものの見方を教えてくれます。それはそれで尊重すべきですが,夢でさえそれを知って自分に当てはめるには、吟味の後タイミングを計って行動に移します。あくまで実行は自主性を持って自己責任で行うのです。つまり、夢の中で言われたままを行動に移してしまうのは、生活の中でこの自己責任に伴う吟味が充分でないからです。

 反論があるかもしれませんね。きっかけは他人様だったけれど,自分もそう考えはじめていたから、これこそタイミングだと思った、と。そういう時はなおのこと慎重に。

(注:では、本当の真我の情報ならどうやって夢で知らされるのか、という疑問をお持ちの方に申し上げれば,真我の情報の場合は,声だけが聞こえたり,電話で知らされたりします。)

 わたしが知っている最悪の例を挙げれば,夢で占い師にあと5年は恋人に出会わないでしょうと言われて、夢の中でも占い師が言うのだからそうなのだろうと、受け取った人がいます。30才もとっくに過ぎて、出産も心配になってきたこの女性が、夢の情報をまともに受け取り、我を忘れて心配するのはどう考えても変です。

 わたしが相談を受けたら,「あなたは5年も恋愛したり結婚するチャンスが無いと思いたいの?」と逆に訊いてみるでしょう。

 「主体性を持ちなさい、今ならできるから」という結論になるにしても,夢の暗喩は解ければ滑稽でユーモア一杯な言い回し。この例を見れば分かる通り,夢の指摘は愛情に満ち満ちています。自分の人生を創るにあたっては,自分が創造主で良いことが分かります。再度言います。こうした夢は単に、他人の意向や影響に晒され過ぎだと言っているだけ。

 ちなみにわたしの自慢を言えば,結婚する前に占い師が登場する夢を見ました。「今度の二度目になる結婚は,とても大切にされますよ」と、わざわざ声をかけてきたのです。わたしはそのお節介占い師に夢の中で即座に言ってやったものです。「はい、知っています」と。お陰で自分がこの結婚を決めたという自負は、瀬戸際で力強い自信を発揮してくれます。

 結婚生活は最高の修行道場。波風無く済むことはありません。だからこそこう言い切った自信は、夢を超え現実を超えてわたしの霊性の支えになっています。

 これを読まれた方は,今後夢の中で自分で考え、自分の決意で行動するようになりますから楽しみにして下さいね。きっとできるようになりますから。ゆっくり構えましょう。はじめは知っていても分かっていても、「できない?!」で終わるでしょう。しかし幸いなことに、知っていること理解していることは夢の中でも使えるようになります。

 で、その前にイメージの中で夢の書き換えをします。言われたままで終わった夢を自主性を持った場面に作り替え,イメージの中で書き換えたシナリオ通りに演技します。

 このインプットは最強のバックアップ。

 あとは、心置きなく眠りに入って下さい。 
 

 勿論,実際の占い師の方々の助言は、生きる上での指針と大切に扱って下さいね。占いは、機知に富み、英知に裏打ちされた人間の文化財なのですから。

スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2008/04/13 11:51 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(0) | トラックバック(0)
<<十才にして悪夢を克復した企業人(その3) | ホーム | 十才にして悪夢を克復した企業人(その2)  >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/50-7b1ada1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。