スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
うぐいすの鳴き方練習
       「うぐいすの鳴き方練習」


 先日の朝、あまりのことに瞑想を中断してしまいました。うぐいすの声に驚かされたのです。


 うん?!そうだとしたらそれは瞑想とは言えない! 

 まあ、そうおっしゃらずに。



 このところ、通常ではあり得ない変化が次々と周りで起こります。恐らくいまは誰の人生にも起きていることなのでしょう。。。。。と思いますが、このうぐいすの声も、奇跡のひとつでした。

 我が家は、海の近くにして、山間とでもいうのでしょうか。西と東の尾根と尾根が手の指のように南の海に開けた、股近くに建っています。庭に立てば、南に水平線がわずかに見え、三方はぐるりと尾根が迫ってきます。それもかなりの急斜面で鬱蒼と木が生え、壁のようです。

 今まで三年間を過ごした静岡の山奥と同じように、緑の稜線を仰ぎ見る生活をしています。という訳で山から海に移り住んでも、毎日小鳥の声を楽しんでいます。静岡の山奥では観光客に、拡声器で小鳥の声を流しているのかと訊ねられる程、すり鉢状の村のなかは季節感も張りもある美声がいつも聞こえたものでした。

 そんな山奥ではない鎌倉の海辺で、更に多種多様の小鳥が姿を見せ、美しい声を聞かせてくれます。これには驚きました。空気もきれいとは言えず、100メートル下った海岸線には道路が走り、並行に江の電の線路も敷設さえているところです。それなのに、ときに名前も知らない渡り鳥が、わたしたちの散歩に加わってくれます。後になり先になりして付いてくるので、何の意図でこんなに親しげなのかと戸惑い、自分の感性の鈍さに立ちすくんだこともあります。

 ふたりで散歩しながら夢中で話していると、絶妙なタイミングで、賛同や、滅多には無いけれど揶揄の合いのてが入ってくるのが分かってからは、まわりの自然がわたしたちと繋がりを持っているのを確信するようになりました。。。。。遅ればせながら。

 そして、先の六月十五日。瞑想中にとんでもないうぐいすの声を聞くことになりました。

 どんなうぐいすも、それなりにうぐいすらしいリズムとメロディーを歌えるようになるには、練習をしているようです。個体によっても上手下手があるのかもしれません。しかしそれも、梅雨に入る頃になれば、どのうぐいすもそれなりに一丁前です。それなのに今回のは、はじめはか細く、そして小さく、下手な短い鳴き声が続きます。いつもなら瞑想中なので、注意をそちらに向けずやり過ごせるはずなのに、このうぐいすは段々に声に張りが出て、短いながら声の出し方が上手になっていきます。このあたりから、常でないものを感じて、うぐいすに気を取られはじめました。いつもなら疲れも見えて、一息入れて又練習がはじまるのですが、今回は上手にならないのに、声の張りは更に良くなり、響き渡り、強く力が漲っていくのが分かります。すごいな!!と思ったものです。自然界にもがんばり屋さんはいるのね。感心感心。

 しかし、戻ることはできないのだと悟りました。瞑想中の神経が全部そっちに向いてしまうまで、このうぐいすは泣き止まないのだとやっと分かったのです。

 はい、分かりました。あきらめないということですね。この何ヶ月、もしかしたら、この先は無いかもしれないと思い込んだわたしたちに、これでメッセージをとの計らいですね。はい、もう休んで下さい。ありがとうございました。

 このうぐいすが、その場所で上手にメロディーを奏でるまでにはいきませんでした。というより、わたしたちは聞くのも瞑想を続けるのも止めたのです。この微笑ましい神のなさり方に脱帽しました。

 お正月に会った方々が、ここにきて大幅に前進しています。大舞台に立って人生の流れを変えるのを目の当たりにしました。そうかと思うと、お正月の決意に活を入れたら、ここにきて次々に人を呼び込み、あっという間に自信満々と変化していく、それも見せられました。また、これ以上は問題を先送りにできないと、開き直ってなり振り構わずいどみ続ける人もいます。その人はここにきて、今まで感じたことの無い光明を感じています。

 岩手・宮城内陸地震が起きたのは、うぐいすの前日でした。その日の朝、誰もがいい知れぬ不安や落ち込みを経験したかもしれないと、感じました。災害に遭われた方々の痛みに寄り添い、このうぐいすの懸命さをメッセージに、わたしたちは自然と共生していることをもっと感覚で捉えても良いかもしれないと、心をよぎりました。

 「オズの魔法使い」のドロシーであるはずのわたしも、ときに萎え弱気になります。そんなわたしを、友人知人は一丸となってわたしに希望の持てる変化を見せてくれます。

 説教も無しに。

 この人たちの大変化は、まるで今までの態度に大鉈を振るって、ばっさり切り落とした程の変化です。前のてこでも動きそうにないあの態度はどうなってしまったのかと思う程、軽くさわやかで、そして強い。ああ、こんなに人は変われるんだと、感じ入っています。うぐいすのときと同じに、お腹の底からじわりと笑いがこみ上げるような、そんなヘンカでした。
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2008/06/19 07:21 】
あれこれ | コメント(1) | トラックバック(0)
<<うぐいすの合唱と待機の魂 | ホーム | 薬師寺の聖観音さま>>
コメント
自然の中に神聖を見る。
自然の中から学ぶ。

あきらめないこと。

今日の私へのメッセージとなりました。
ありがとうございます。v-238

【2008/06/19 09:38】
| URL | はっちゃん #WE/xn6Vw[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/57-20c04e19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。