スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
うぐいすの合唱と待機の魂
       「うぐいすの合唱と待機の魂」

 このところのヘンカに実感を込めるには、もう少し時間が欲しい感じです。前回うぐいすの根性有る練習に、「あきらめるな!」を教えられたばかりでしたが、その直ぐ後に、祈った相手たちがうぐいすの声に乗せて、返事を下さる体験をしました。対象が複数でしたから合唱で返事を下さったのです。それも同時発生のうぐいすの合唱です。輪唱ではなく。

 奇妙に聞こえないように、気を使いながら体験をお話しているのですが、これを読んで下さる方が、そんなこともあるかもしれないと思って下されば良いかなと思っています。少なくとも、受け入れ難いと即断を下さないように願っています。

 何日か前に初めてお目にかかった方が披露して下さった夢も、生まれたがっている魂からの夢でした。厳密に言えば、こういう夢は真我に当たる普遍の存在と、生まれたい魂と、その親になる準備中の夢主が一緒になって作り上げた夢になります。これだけでも素敵だなあといつも思います。三者が両手を差し出して、輪を作ってでき上がった夢ですから。

 これは、生まれたい魂を次元を超えて支えている霊的存在が、あっちとこっちにいる実証みたいなものです。

 いままで沢山の人の夢とお話してきた訳ですが、この待機の魂たちからの夢ともお話する機会が増えました。夢とお話するって変ですか? 大抵夢主とお話する前に、夢がわたしに語りかけてくるのです。それに応えてときどきは夢主が聞く耳を持たなくても、夢のメッセージを伝えることがあります。夢は、どうしても夢主に伝えたいと願って特別な夢を送って来る訳ですから、意識の心が拒否しようが、いずれ真意は受け取れるはずと信じて、伝えます。

 そんな、「どうしても、伝えなくちゃ!!!」と前後脈絡なく(と、もしかしてまわりの人々は受け取ったかなあと思うのですが)ズバズバ言ってしまった最たる夢の話をしましょう。それが、赤ちゃんが生まれる知らせでした。

 その夢の話をしてくれたのは、実は夢主ご本人ではありません。知り合いの夕食にお邪魔して、田舎のことですから、子供たちや親戚が大勢いたそんななかで、わたしに花を持たせようかと気遣って、そこの女主人が夢の話をしてくれたんだと思います。
 でも、夢を話してくれたそこの奥さんは、分からないながらも意味深な夢だなあと思っている感じでした。そこでわたしも真剣になったのだと思います。夢主は、息子さんです。

 夢はこうでした。三方に刀が乗っている。それを(既に亡くなっている)祖父が手渡してくれる、というのです。

 これを聞かされたわたしは、黙っていることができませんでした。
「お孫さんがおできになるという知らせですが、いかがですか?」
と。
 その後、みんながどう言ったのか良く覚えていません。しかしわたしは言葉が出てしまってから、もし失言だったらどうしようと一瞬心配をしたのを覚えています。こんな大切なことを、あまり知らない方々にずけずけ言うはしたなさに、自分も震えます。それなのに、わたしの心は満足感で一杯でした。

 ただただ夢は信じられるのだからと、わたしの芯は言うのです。この頃益々これが多くなります。時代なのです。「三方の刀」の夢を分析的にお話することもできます。が、それはつまらない話になるので、ここでは蛇足でしょう。夢の勉強をされるとこの辺が分かります。

 さて、そのとき夢主のお嫁さんは流産を何度か経験されて、とても悲しい時だったそうです。そして、それから一年もしないうちに赤ちゃんが生まれました。わたしは亡くなったおじいちゃんが孫に刀を預けたので、男の子かなと早とちりをしました。赤ちゃんは女の子です。

 こんな場面に出会えて、とてもうれしいです。でもわたしに取って一番うれしいことは、真我に対して自分が赤子のように純でいられたことでした。
 
 最初に戻ると、うぐいすの合唱は、「願いを聞き届けて下さり、ありがとうございます」への返事でした。800年は前の魂たちに対して、「無念を払い、天で修行をして下さい」と祈ったのは約一ヶ月前、それに対してです。

 ここで、「三方の刀」をわたしも戴き、その方々に差し上げることができたようにうれしいことでした。この辺の夢の受け取り方こそ、夢の醍醐味だとわたしは思っています。わたしの中の無念もこの刀によって払えたことですから。七月朔日。新生の自分を感じます。
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2008/07/01 15:48 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(0) | トラックバック(0)
<<伊豆山で泊まり込みのワークショップをします | ホーム | うぐいすの鳴き方練習>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/58-38674125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。