スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
「食べる」を感じましょう(その2) 
 「食べる」を感じましょう(その2)

 もう、二十年も前のことですが、ハイキングのお弁当にお稲荷さんを作って持っていきました。当然油揚げは揚げ物だと知っていましたが、大したことはないだろうと、軽く考えたのです。お昼を済まして、しばらく経ったら、自分の腸が動いていないと気づきました。びっくりしました。帰って早速洗腸しました。重層と塩を入れた洗浄溶液を体内に入れても、蠕動運動は起きません。パンパンのお腹を抱えて、これで医者の門を叩くわけにはいかないからと、真剣に考えて、リンス液としてコーヒー入りの溶液をつくり、体内に入れました。これで動かなかった腸の動きは戻り、ことなきを得ました。

 それからは、お味噌汁の油揚げさえ食べていません。二年前に腸閉塞まがいの入院をしました。この原因は心理的なものが大きかったと思っていますが、ずーっっと、食べものには注意を払っています。

 揚げ物がいかに身体に不健康な食べ物か、話し出したら止めようも無く話題に事欠きませんが、今回は地球の恩恵から、この油について感じるところをお話しましょう。

 この地球の豊かさは計り知れません。地球の潜在能力から言って、いまの人口の倍でもみんなが豊かに食べていかれる食料を生産できると、わたしは思っています。油を作らず大豆のまま、トウモロコシのまま、原材料そのままを食べればの話しですが。あまりに多くの植物が油を作る為、食用と飼料と肥料とゴミになっています。豆は豆として食せば、命そのものを戴く健康食になるのになあと、悔やまれます。

 それからもうひとつ、ケイシーが言うには、恐ろしいことに、人間の胃は複数の炭水化物を同時に消化できるようには作られていないということです。これは、わたしの体験で納得しています。そして油も同じく複数の油を同時に消化できません。調理の際も、植物油製造工程でも、この配慮がなされていれば、日本人の疾病率はぐんと下がるだろうと思っています。

 人なかに出ると、この頃は他人の呼気が気になります。胃から漏れ出る息が臭います。ご本人は呼気のことを自覚されていると思うのですが、それが火を通した油の過剰摂取に因ると気づくことは無いでしょう。現代の食事は、数十年前の日本食から極端に油の多い洋食になっています。こんな食事を毎日摂っていたら、身体も心もきついはずです。それが呼気の異臭として、身体がサインを送ってきます。そのことに気づいてほしくて、今回食に就いてお話しています。

 現代社会のストレス状況は、我慢を超えています。こんな都会生活で平静を保てるとしたら、よほど強靭な精神の持ち主でしょう。空気の汚れは尋常ではありません。機械が出す生活音も全身に突き刺さります。外食の味の濃厚さは、この緊張に比例して、実に複雑になっています。現代人が感じるおいしさとはこういうものなのだと、理解はできますが、これはストレスをやり過ごす為に工夫された味ではないかと、感じさえします。

 「天然自然を前に、目の前にあるものを食せば、それですべて事足りる」。究極ケイシーの言わんとしている食に関する哲学を、このように受け取ってみると(注:これはわたしの独断と偏見かも知れません。どこにそんな資料がある?出せ!と言われても出せませんので、あらかじめおことわりを)、いまわたしたちが日々暮らしている食の在り方は、常軌を逸しているように感じられます。地球から命を戴いているという真実から食しているのではなく、経済のシステムに「食」が組み込まれてしまっています。地の力は衰え、野菜の味は半減しているように思います。

 このブログでは、いつも原稿を送り出すとき勇気が要ります。「揚げ物を控えなさい」なんて、余計なおせっかいでしょうね。でも、言いたい。言わなくちゃと思っています。健康の為に。心の平和の為に。そして人類が互いを思いやる為に。地球を大切にする為に。地球の恩恵無くして、わたしたちは食べ物を作り出すことはできません。ケイシーが残してくれた、食に関するその哲学の深さを感じてみて下さい。しかしいつも思うことですが、ここでケイシーの名を出さずにお話しできたら、どんなに自然な万人向きの話、説得力のある話になるだろうかと思うのです。。。が、いまはまだ油について、知る人が少ないので、彼の名を借りてお話しています。彼が言うには、古来の製法で作った生の植物油を生野菜にかけて食べれば、身体に優しい食事になります。全くそのとおり、この恩恵は計り知れません。

 揚げ物の摂取量をいまのせめて半分位にしませんか。お考えください。

 夢に食べ物はたくさん出てきます。そこから学ぶことはたくさんありました。夢に関わって来たわたしは、夢の食べ物や食料に生きかたを教えられ、地球に対し、人はどうあるべきかを教わったように思います。

 この続きはまたの機会にお話します。

 ちょっと、自分でも切羽詰まった言い方だなあ、と。。。。。     ☆一応終わり☆
スポンサーサイト

テーマ:夢を日常の心身の健康管理に生かしていこうというのが、主旨です。 - ジャンル:趣味・実用

【2008/11/16 06:12 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(0) | トラックバック(0)
<<RENTをみました | ホーム | 「食べる」を感じましょう(その1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/78-8fe8b467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。