スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
RENTをみました
 「RENTをみました」

 作詞家の吉元由美さんが訳詞を担当された、「RENT」を観ました。彼女に取っては、初体験のミュージカルだったようで、チャンスが前髪だけをなびかせて、彼女のもとにやって来た経緯を、何だかこの一年聞いて来たような。。。。。そして、完全徹夜のカンテツを何度か余儀なくされたそうな。。。。。人の話なので、ぼんやり聞いて来たような。。。。。そんな前置きがあって、彼女の「ヤったあ===」感がクライマックスの頃だったか、ある日、メールに出産の夢の話しがあったなあと。ぼんやり。。。。。そんな前置きがあって、見に行きました。夫とふたりで。

 日比谷のシアタークリエは、はじめてです。ミュージカルも何年ぶり。それもいつ何を見たのかさえ覚えていない観劇歴。むかしむかしみた「ジーザスクライストスーパースター」っぽいものでなければ好いなあと、ちょっと心配しながら、行きました。あの挑戦、あの試み、あのテイスト、わたしには分かりにくかったのです。ですから、遠路はるばる東京へ「RENT」を見に行くだけの道中は、気が重い。。。。。もしもがっかりなんて。。。大人の社交辞令がどうしても身に付かないわたしは、彼女に会ったらどうしたものかと。

 ロビーで早々に彼女にばったり。「ストーリーだけは読んでおいた方が・・・」、親切心とあちらもちょこっと心配なのだと分かりました。

 会場に入ると、舞台に幕は下りておらず、むき出しの安アパート一室がちょこんと。はじめから幕は無いのね。「ああ、やっぱりね」と、分け知ったりの夫が。。。。。何がやっぱりだか。

 はじまってみると、ロック。かなりしんどい。やっぱり、ジーザスクライストスーパースターと思ったものです。バンドの音量も、客席中央のわたしたちのところで、割れるように聞こえるし、大きいし。

 その内どの辺でだろう、もう覚えも無いのですが、徐々に劇にのめり込んで、単純な歌詞だからか、歌詞の妙を音に乗せられたからか、ミュージカルの楽しさに乗っていけました。バンドの大音響に負けない歌声がちゃんと耳に届きました。それに、演じるものみんながしっかり歌い踊り、まかされたパートを全力投球といった感じで、「No Day But Today」心を担っていたからでしょう。日本語にしたらたちまちニュアンスが違っちゃいそうだけれど。中味は仏教的。助け合い精神みたいな。陳腐ですが、人って好いですね。みたいな。だれもさばかない。

 二幕目からは、感動でうるうる。それにしても、しっかり組み立てられたミュージカル。作者がこの一作だけで、亡くなっているその背景は、「風と共に去りぬ」のマーガレット・ミッチェルと同じように衝撃的。

 ミミを演じたのは、ジェニファー・ペリ。吉元由美さんと光田秀さんの披露宴で歌を歌った十歳にならない女の子が、いまやミュージカル女優です。彼女の楽屋に挨拶に連れて行かれて、こんな華やかな体験が私の身にもふり注いでくれてと、観劇の余韻と一緒になって、思わず、泪が!そこへエンジェルを演じた田中ロウマ君。日々に満足している人のオーラってすごいです。おふたりのサインを戴きました。由美さんのお陰で。

 その後、お茶をごちそうになりました。そのとき、あの出産の夢の話しを直にしてくれて、それを聞いたわたしは、夢はこうして夢主をからかうのだと感心したものです。普通は、夢主の許可無く夢の話しはしないのですが、あんまりプライバシーの侵害にはなりそうにない話しなので、ご披露しましょう。

 彼女が「RENT」の産みの苦しみを体験しているとき、女の子を出産する夢を見たのだそうです。その子の顔があまりに醜く、「これはわたしの子じゃない」と夢の中で思ったそうです。夫である光田氏の血を受け継いでいれば、もっとましとも。育てる気にならない程醜いと彼女は話してくれたような。

 産みの苦しみがあまりに苦しくて、投げ出したくなった心中バレバレの夢ですよね。生まれたばかりの赤ちゃんて、猿みたいだってよく云うじゃありませんか。あれ、あれ。世に演劇はたくさんあるけれど、歴史に残る演劇に携わることのできた幸運。上演できた(産み出せた)幸運。それでも、完璧な演劇なんてあり得ない。それをこれから育てられる幸運。どんな美女にも仕立て上げられるのです。。。。なんて、話しをして、お別れしました。
 

 帰りの電車の中で、突然あるシーンを思い出しました。そう言えば、トニー・ベネットに楽屋で会って、サインをもらったなあと。フランク・シナトラが唯一お金を払ってでも聞きにいきたい歌手だそうです。いつのことでしたか。月面着陸が話題の頃です。確か。。。わたしの中では一呼吸の間でしょうか。感動がひとっ飛びしてくれました。

「RENT」お勧めします。
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2008/11/20 17:44 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<交感神経過剰刺激の夢? | ホーム | 「食べる」を感じましょう(その2) >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/79-092f12e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。