スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
夢の真実に背中を押されて
 「夢の真実に背中を押されて」

 11月15日に「第四期夢のクラス」が終わりました。そのときのことをブログに載せようとはじめたタイプ打ちがなかなか進まないうちに、心境は「クラスの終了」を遥かに超えてしまいました。そこで、夢が伝える真実はどんなにショッキングかという話しをしましょう。これは、ケクレという学者がベンゼン環の原子構造を夢からヒントを得たという話しよりも、ずっと、ずーっとすごいなあと、個人的には思っているのですが。。。。。受け手のみなさんに取っては、どうでしょう。。。(と、遠慮がちに言いながら)。。。もっと今日的ですし、と。。。。。自信を持って、言います。

 わたしの考えの基本は、夢が教えてくれる真理(なにせ夢は超意識から発せられるプレゼントです)は、海の海水のひとしずく。わたしたちの意識の心がそれをすくいあげるには、真理の絶対量が膨大過ぎます。とはいえ、そのひとしずくを拾い上げれば、まごうかたなき真理を手にしたことになります。が、未だ人類は真理の全体を予測すらできていない、と。(どうもこなれていない文章で、わたし自身隔靴掻痒ですが。一応前振りです。)

 夢が教える真理は、非常に具体的です。有無も言わせぬ妥協の無さには、こちらが根を上げる程ですが、何せ象徴部分が大方なので、ご理解戴ける文章にできるかどうか、気掛かりです。が、ご質問は受け付けませんので、受け取れないところは、読み飛ばして下さい。

 さてこれからお話する話は、最後の夢のクラスがあっての、一連の流れになっています。

 夢のクラスの最終に、急遽「神社とはどういうことか」を話しました。どうして神社かといえば、鳥居を夢に見たと報告してくる人が、俄然増えたからで、心の神社を説く必要を感じたからです。

 夢に出てくるのは、面白いことに鳥居です。神殿ではなく、鳥居です。真っ赤な鳥居がどんと立っている景色です。人によってはそれに参道や杉木立が加わることはあっても、鳥居です。。。おやしろもあったかもしれませんが。。。。。思い出す限り、鳥居です。

 これからお話する一連の話を、詳細且つ論理的にお話しできる段階に、残念ながら今は無いので、ちょっとした障りだけになってしまいますが、そこのところも大目にやり過ごして下さいませ。では、あらかたの経緯をお話ししましょう。

 ある生徒さんがわらべ歌を夢に見たと、クラスの中で話されました。その歌詞を紐解いているうちに、神社本来の意味、心に建てるお社が、その歌を通して伝承されていると理解しました。これは夢解きと同じ手法を駆使して得た理解です。

 わたしの受け持ちは夢です。夢は真我に至るツールです。神社は象徴的に自分の真我が住まうところです。ケイシーの言葉に、身体は「神の住むやしろ」という表現があります。わたしたちは、知っても、知らなくても。。。。。自分の肉体の奥に鎮座まします神のお世話を、自分なりにしているのです。心身の健康を考え、身体の手入れをすることは、朝な夕なにこの神殿の掃除と清めをすることに、同じです。

 さてこの、「肉体は我が神の住まう神社」という考えは、夢の主題でもあります。夢はその点本当に妥協を許さぬ勢いで、身体の秘部にスポットライトを当ててきます。

 そんな例を挙げれば、結婚を真近に控えた女性が、教会の尖塔にりんごが鎮座ましましましている。その光景を婚約者と共に見ているという夢があります。この夢には、性エネルギーの高貴さ大切さが表れています。聖なるものが性であると、夢は単刀直入に言ってきます。教会が神社という例です。

 ここまで来て、テレビのニュース番組を見ていたら、東方神起という韓国歌手グループの歌う「呪文」が騒動になっているという。その番組では、歌詞のなかの「Red Ocean」と「crystal」を問題にしていました。それが煽情的だというので、韓国では有害指定になったというのです。さて、日本では騒動になっていないようなので、わたしも記事にして大丈夫と思って、安心して書いています。。。なぁーんて?!わたしは、持論を展開するだけです。。。が。。。

 確かわたしの記憶では、「crystal」の前に「億」という形容句があったと思うのですが、今ネットで調べたところでは、その言葉は日本語歌詞には見当たりませんでした。テレビの解説者の伝えたところでは、「crystal」が精子を、「Red Ocean」を子宮に見立てて、この「呪文」は煽情的だと、韓国の検閲をするお役の方達が決断したというのです。そこで、ネットで歌詞を見ましたが、、、そうですね。。。。。わたしの考えでは、有害指定の断を下したお役の人たちの考えは分かります。。。。。と、お断りしておいて、なんですが。。。。。夢では、めちゃめちゃこの手の話しが出てきます。夢はとてつもなくHですから。この辺の理解が人類に問われているのだ、と思います。

 今、鳥居の次にこの「Red Ocean」が、集まりはじめています。「わらべ歌」の次に「鳥居」があって、その続きは「海」です。不思議です。時代です。熟れの時を迎えているのでしょうね。

 たったひとつの夢だけで、「波乱を乗り越え人生を神々しく生きてこられたのですね。見事です。見習いたいものです」と、声をかけたくなる位に、霊性磨きに精進された女性の夢が目につきます。その要素が、「Ocean」。

 (テレビの報道が正しければ)韓国のお役の方々が海を子宮と見なしたのも、クリスタルを精子と仮定したのも、お見事です。ええ、夢でも、そうですから。有害を有益と受け取るには、超え難い理念が様々に存在します。そこを夢はひとっ飛びで、迫ってくるのですが、まずは夢への概念や偏見の壁や理念を打ち砕く方が先です、かしら。

 だいぶ荒削りな話の展開になりました。判じ物めいたこの続きを、次回の夢のクラスの第1回でするつもりです。

 さしずめ、「女性の魂の発達と夢が教える具体課題を読む」とかなんとか。要は、「(内的)子宮に精子を迎えて創造を我がものとする」(?!)です。

 さて、これは煽情的なお話しです。感情に訴えるでしょ?
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2008/12/10 17:44 】
夢で心と身体の健康状態を知る | コメント(2) | トラックバック(0)
<<安心の食養生:1 | ホーム | 交感神経過剰刺激の夢?>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/03 02:00】
| | #[ 編集] |
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/03 23:52】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/81-f151c74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。