スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
安心の食養生:1
        安心の食養生:1   

 ほぼ30年ほど前から必要に迫られて、わたしはケイシー療法を実践してきました。わたしが真面目で愚直で誠実だったから実行して来たのではなく、残念ながら、やりたくもないけれど、仕方がなかったからやって来たようなものです。

 今日活躍できるのも、努力の結果でないのは、わたし自身が一番良く知っています。健康であったら、こんなことしません。困らなければ、こんな面倒はしません。面倒でも、仕方なくやって来たことです。しかし、やって来てよかったとつくづく思います。病気を抱えた過去を有り難く思い返します。いまスーパーマーケットに行くと、日本人が何を食べているかが、分かります。テレビのコマーシャルを見るとどんな病気が多いのかが、分かります。町の大型看板には、大腸がんの検診を女優さんが訴える写真がありました。それも数枚横並びで訴えています。便秘薬の代わり(?)に食物繊維ドリンクを薦めるコマーシャルも盛んです。女性のデリケートな部分に塗る軟膏も日々宣伝されています。

 20年程前、わたしは変わり者で、鼻つまみ者でした。とても嫌がられたものです。わたしの食べるものを見て、「人間は食べたいものを食べるのが一番健康なのよ!」と、ご立腹。わたしの至らなさもあって、距離を取られたものです。それに学んで、人の前では言わないようにしましたが、ここに来て遠慮なく言っても良い時になったようだと思いました。むしろ遅過ぎたかもしれません。

 先ほど上げた症状は全部食事を変えることで、ほぼ解決できます。医者でもないものが何をいうかとご立腹になっても、いまのわたしは気にかけません。言わなくチャと思っているのですから。

 そんなこんなで昔の間違いから学んで、わたしが何を食べているか、そして食べて身体と心がどう変わったかをお話しようと思いました。

 昔、あれも駄目これも駄目と言ってしまい、「食べるものがない」と反撃を食らったので、そういうやり方は駄目なんだと分かったからです。それに、テレビで見る料理番組の調理の仕方が、便利とおいしい(これくせものです)に片寄り過ぎていると思います。素材の味を理解するとか、自然の恵みの力を感じるとか、季節の変化がもたらす恩恵を食から体験するという調理になっていないことが、どんなに片手落ちか、知ってほしいと願って、今回取り上げることにしました。

 万病の元は便秘です。と、わたしは体験的に思います。わたし自身は便秘症ではありません。具合の悪いときはかなり下痢をしていました。一日七回なんていうこともあり、時に出なくなったり。ひと頃は下痢をしながら、洗腸をしたものです。お腹の膨満感は夕食が済めば毎晩で、胃腸のデリケートさでは、四苦八苦したものです。

 ですから、腸の変調が万病の元と言いたいところですが、やっぱり便秘が万病の元といった方が正確に思えます。科学的な証拠があってこう言うのではなく、経験知からです。

 早い話しが、充分に野菜サラダを食べていれば、便秘になりようがないのです。このとき最高品質のオイルを生でドレッシングに使うという条件はありますが。このオイルが洗腸のはたらきもしてくれるようです。毎日快調に出すべきものを出していれば、いつも心の中はすっきりです。すっきり元気な身体には、オープンな心がしっかり中心にきます。オープンとは「信頼」を意味していますから、新しいことに挑戦できる柔軟な人間でいられます。

 これは、マジックでもなく、精神論でもなく、ごくごく当たり前の日常のことを言っています。でも、これを記事にしないといけない現実があります。

 まわりの便秘症の人を、よくよく観察してみて下さい。大抵は、知性もあり、教養もあり、出過ぎず引っ込み過ぎもせず、友人としては申し分ない人でしょう。そんな人がびっくりするほど臆病で、新しいこと、未知の何かに関わること、グレードの上がった仕事にチャレンジすることができにくいのに気づきませんか。そんな人は多く便秘症です。具体的(身体的)にも象徴的(精神的)にも終わったことを手放せないからです。身体は大便を放出できず、心は古いことにこだわることで、安定を保とうとするのです。無駄です。毒です。人間は変化するものだからです。

 サラダは青物野菜が主流です。青物野菜が大地に根付いている姿を想像して下さい。太陽に向って何の疑いもなく、両手と上半身をを高々と上げ続けているのが、青物野菜です。青物野菜を食べることで、自分の心も宇宙を全面的に信頼する態度ができるわけです。ああ、なるほどとうなづいてくださいね。これが自然からの教えです。

 さてそこで、今は十二月。わたしがサラダにどんな野菜を使っているかをお話しましょう。安くて、どこでも手に入るものが中心です。もやしを良く使います(注:皮膚に問題のある人はブロッコリー種のもやしは避けて下さい)。それに水菜。青いレタス。セロリ。それに人参の細切りを少し(注:生の人参を多めに食べると消化に負担になります)。タマネギを薬味程度に。根の野菜として、大根を皮を剥かずに千六本にして。それらをボールに入れて、粉ゼラチンをかけて、カイエンペパー(わたしはこの味が苦手でほんの少ししか使いませんが)に胡椒を振って(これはわたしの好みです)、ポン酢(注:お酢の場合はリンゴ酢でアルコールの入っていないものを使います。ポン酢はかぼすやゆずで酢を使いません)柑橘類に圧搾法によるオリーブオイル大さじ一杯程をかけて戴きます(2人分の量です。野菜はサラダボール一杯ですから、かなり少なめです)。野菜は大まかに地上のもの3種に地下のもの1、2種。

 だいぶ長くなったので、この辺で止めましょう。続きはまたの機会に。わたしが言いたい骨子は、症状は心の状態を知る恩寵です。体調をあるべきように整えるには、症状が水先案内人になってくれます。心の有り様を知る絶好のチャンスです。安易に薬に頼ったり、治療師にお任せするのではなく、自分の身体に耳を傾け、教えを乞い、自分の知恵とやり方で症状を軽減する道をとれば、霊的成長も実感を持って取り組めます。

 どうぞ、この話しをお役立て下さい。先ほど挙げた症状への対処もいずれお話するつもりです。
スポンサーサイト

テーマ:夢を日常の心身の健康管理に生かしていこうというのが、主旨です。 - ジャンル:趣味・実用

【2008/12/14 21:18 】
あれこれ | コメント(1) | トラックバック(0)
<<吉田重都夫妻の2009年初夢会 | ホーム | 夢の真実に背中を押されて>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/17 01:05】
| | #[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/82-606f5d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。