スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
吉田重都夫妻の2009年初夢会
     吉田重都夫妻の2009年初夢会


 12日に、マジェンタ新社屋移転後初のワークショップ・吉田重都夫妻の初夢会が開かれました。

 のっけからビッグニュースで、重都さんの口から苓湖さんと入籍を済ませたと報告がありました。発表の前にマジェンタの主宰者玲子さんがそのことをちらと言っていて、それを聞いたわたしは、おふたりに対する長年の凝った思いがいっぺんに解けていくのを覚えました。あぁ、この日を迎えられて良かった、良かった。。。おふたりに取って良かったのは勿論、わたしに取って良かったのです。わたしがこのニュースを聞けて良かったのです。大げさに言えば、生きているうちに彼らが結婚という覚悟をしてくれたことが嬉しかったです。

 改めて,おふたりに御祝いの言葉を。

 ご結婚おめでとうございます。

 初夢会にお集まり下さった方々全体の印象は、もちろんこの吉田夫妻の成り立ちを象徴するようななんとも熟達した内容になりました。

 端から実を取る感じ、さっさと夢の芯に真っ直ぐ到達していきました。ステラさんのブログ( ttp://aquarious.ameblo.jp/ )にもそれらしい感じが表れているような。。。。。

 いま振り返ると今年の初夢会は、大きな時代のうねりの中で、いままでにないしっかり根の張った覚悟が、楽観性の土壌の上に種をまいた。そんな感じがしました。この感じ伝わっているでしょうか。

 最後にステラさんは、

 『そして、今日の朝、
ものすごーくパワフルな夢を見ました。

絶対間に合わないと思っていた新幹線に
駅員さんの協力もあって
(そして、なぜか、駅員さんがインド人)
ものすごくがんばって、乗れてしまう。
という夢、、。
自分のがんばりっぷりに、
圧倒されて、目が覚めました。(笑)』

 と書いているので、わたしとしては、フムフムと納得しています。応援していますよ!ステラさん!!

 恐らくご出席下さった全員が当日の雰囲気を、次の日味わい直し、胸に落としたのだと思います。

 吉田重都さんと夢を勉強していたときは、ケース研究をしました。受講生が友人知人をクライアントにしたてて、カウンセリングの実地練習をしたのです。そのレポートはどの受講生に取ってもいまや宝になっているのでしょう。たまに疑似クライアントのその後の話しを聞かされます。

 今回重都さんは、その時のクライアントの絵を持って来てくれました。12年前のその絵をしっかり覚えている自分にもびっくりしましたが、重都さんのケースではもうひとりのクライアントの言葉が、わたしから離れたことが無いのです。彼女は重都さんたちの結婚を願っていました。そのレポートを作成したのは、勿論重都さんご本人です。

 重都さんのふたりのクライアントは既にこの世にいません。思いだけが通じる世界に行かれています。

 さて、苓湖さんの初夢の絵には、花束3つが描かれていました。贈り物として頂いたものだそうです。グッドタイミング!!!重都さんの絵は、胎児らしき死体が真ん中に! この夢の意を、わたしは彼の夢の神様から直接戴けたと自負しています。この絵を見て、重都さんの成長を納得できました。この世の常識が少しでも残った心でこの真理を覗いたのだったら、描けなかったと思える絵です。

 夫坂内和則画伯の絵は、3歳の坊やを轢きそうになった不良を運転席から引きずり出す場面です。わたしのは、骨格しっかりした裸の赤ちゃん。名前を「立徳」と付けました。今年もしっかり仕事をしなさいとの夢からの励ましのような、自分の覚悟のような。会場で描いた赤ちゃんはバックの色に負けて弱々しい(ちなみに去年は掌サイズの赤ちゃん)。。。はい、何とかこの絵を完成させなければいけません。。。。クレヨンのある自分の部屋に行くのが億劫です(詮無ない言い訳です)。。。では、数日内には完成させます。。。。。

 毎年初夢会に出席し続けている人が何人かいて、その方達が続き物のような絵を描かれました。そうそう、去年はあれで、去年とここが違って、ここが同じ、、と。そんな感じで、直ぐに去年からの変化が見える絵でした。ご本人達の方がその進歩を実生活で体験できているようで、主宰者側には、初夢会の意義を教えられた思いです。

 最後に、マジェンタの主宰者玲子さんの夫栗橋寿氏手作りのパスタパーティへと流れて、みなさんお腹いっぱいで散会となりました。

 みなさんの実のりある一年を、祈ります。ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/01/14 19:19 】
ワークショップ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ドタバタ劇の水瓶座の新月 | ホーム | 安心の食養生:1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dreamhealth.blog102.fc2.com/tb.php/85-06d15dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。