スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
自分を他人のために役立てる行為
       「自分を他人のために役立てる行為」


   誰も、基本的に他人の為に生きられるのならそうありたいと願っているでしょう。みんなと仲良くしたいし、笑顔でいたい。笑顔が交わせる人たちの輪の中にいたい。

   一方的な奉仕も他人の為ですが、その人の自律(自立)の為に自分を役立てる行為こそ目指すに値する、と知る世の中になりました。これに異論はないはずです。

   もしあっても、大して大きな異論にはならないでしょう。異論は問題ないのだけれど、他人の為になる自分の在り方をどう捉えるかは大きな問題です。
  
   あまり触れたくない話題かもしれませんが、身近な人に命を絶たれた経験がある人は多いでしょう。そんな人たちをどう助けるか、それも大変な悩みです。

   自分にそんな経験はなくても、つらい経験をされているその人を支えたいと願うけなげな人がいます。そんな人に、夢を通して自己を知って下さいとお話するのですが、「いえ、自分はどうでもよいのです」という答えです。「それより、その方を助けるにはどうしたら良いか、それを知りたい」と、言います。

   夢を通して自分を知ることと、その方を助けることはまるで違うというのが、大方の見方なのだと、あらためて感じ入って、で、それにどう答えようかと、このブログに取りかかっています。

   その方へを通して、多くの方々に自分を知ることは自分を助けることであり、自分を助けることが身近な他人に本当の意味の奉仕をすること(助けること)でもあると、伝えたいのです。

   自分の問題に果敢に挑むその姿を見せることが、本当にその人を助けることになります。これを抽象的と思いますか?いえ、これこそ実際的解決法と思うのです。長年夢に取り組んで来て。

   心ある先人を探すまでもなく、わたしたち自身がその叡智を持って他人を見ているはずです。十牛図の主人公も最終は市井に戻ります。ホ・オポノポノが広まっているのも、多くの人々がその事実を納得されるからです。良い時代になったなぁと思います。

   夢に関わっていると、たくさんの真実を知りますが、真実は知れば知る程単純で、最後はわたしたち丸ごとひとつと感じられるところにきます。これがワンネスです。

   どういうことかと言えば、夢は宇宙そのもの。宇宙丸抱えです。つまり、わたしたちの心の中には宇宙が丸ごと入っています。だから、この地球上で起こっている戦争もみずからの心のなかで起こっていることです。外に見るものは、内に有ります。だから、平和を願って戦場に赴き戦争を止めて下さいといわなくても、自分の心の戦争を直視し、ストップをかける前にじっとそれを見れば良いのです。

   みずから命を絶ってしまったその人に、間違いだったと説教するのは置いて、自分を生きればよいのです。自分の心のその人を直視すれば良いのです。

   自分の中にも、どこかしらその人と同じに、人生を諦めている部分があって、それをはっきりさせて、そこから自分を生きる道を歩きはじめればいいのです。

   わたしたちは時空間を生きていますが、時間は仮のものですから、過去と未来と現在を同時に生きることができ、だから、なくなった人の悔いを一緒に払拭する手伝いもできます。

   自分に反省を促したその方の死を、心の糧に活かせれば、それがなくなった魂に治癒の力を引き出させるからです。時空を超えて、亡き魂と抱き合えます。それは現在が過去を癒し、未来を新たに造るともいえます。未来のあなたが過去のできごとを作り替えるともいえます。

   夢は時空を超える世界を扱います。そこ(夢)にいくことで、次元を超えたやり取りも可能です。しかし、夢に取り組む最も尊い態度は、自分を知ること、感じること、体験することです。

   そんな自分体験する人を見て、わたしたちはその勇気を自分のものにできると思うのです。そんなとき笑顔を交わせます。笑顔は人をひとつにし、今現在に止めます。それが永遠の「いまここ」に生きることだと、わたしは感じています。 

   これが他人の為に自分を役立てる行為と、わたしが感じているものです。言葉足らずの説明かもしれませんが、お心に届きますように。

   
【2010/03/30 16:04 】
夢活用法 | コメント(0) | トラックバック(0)
ベッキーのキツい一言・初夢会
      「ベッキーのキツい一言・初夢会」

   先日の1月23日、恒例の初夢会に呼ばれて来ました。わたしは2007年からの参加ですが、この会は「ミラクル・アートセラピー」(早稲田出版)の著者吉田至叶人氏がファシリテイターを務めました。彼はこの初夢会を10年程続けているそうです。
   
   4度目の参加で心打たれたのは、本当の人生を送りたい、スピリチュアルライフを楽しむにはどういう風に日々を理解したら良いかを、オープンに知ろうとしてみなさんが参加していることでした。年々その高まりを感じます。

   何だか文章が硬くて抽象的ですが、本当を生きたいのです。どうすれば、心が成長するか、それをそれぞれの立ち場で探り、実践しようとしているのです。これこそ霊的・スピリチュアルな希求です。

   特別に、外側に向けて成功を目指したり、霊性を実生活と切り離して考えている人はいませんでした。

   (初夢会とは違う話題ですが)ときどき、高邁な霊的人生とは、自分の実生活とはかけ離れた別次元のなにかだと勘違いされている方を見受けます。どうしてこんな誤解が生じたのか理解に苦しむのですが。。。

   そんな人の中には、宇宙を夢に見たり、聖人や神々に夢で出会ったり、貴石宝石の類いを夢にみたり、挙げ句は予知夢やこの世の天変地異を夢に見て、自分だけは特別だと考えている方がおられます。自分は他とは違った、特別な使命を帯びているスペシャルな存在だと信じているのです。

   全ての人が特別です。取り分け現在生をうけているわたしたちは例外なく重要な任務を帯びています。だからこそわたしたちはこれまでになく、真っ正直で真剣に生きる使命を帯びています。そのために、それぞれが自分の人生を全うすべく自分の夢を活かして欲しいと、わたしは願っています。

   自分の夢は自分のやるべきことだけを伝えてきます。他と比べることはありません。むしろ、夢の恩寵を知ると、何故こんなにも不埒な自分に天は見放しもせずアドバイスを送ってくるのだろうと、不思議です。だから、夢に接していると、ありがとうの念に満たされます。

   堅すぎる話になりましたが、是非この場を借りて、お知らせしなくチャと思ったものですから。自分だけの、自分に最も適切なアドバイスを夢だけが送ってくるのに、それを屑芥と捨て去っているなんて、わたしたちはなんと愚かなのでしょう。

   人の考えは色々なので、考え方感じ方がわたしと違うからといって、俄にわたしだけが正しいとは言い張りません。しかし、夢のはたらきは超意識からの最高のアドバイスです。そう受け取っているわたしの立ち位置から受け取った夢の見方だけは、何としても伝えて行きたいと願っています。

   本当の自己に出会えているか、本当の目的に沿って生きているか、そのためのアドバイスを超えて、霊的な或いはスピリチュアルな意義付けを夢に求めても、甲斐のないことに思えます。

   話を初夢会に戻しましょう。これまでになく、足が地に着いた会になりました。その障りを、わたしの、去年から今年にかけての初夢でお話しましょう。他人の夢を扱う訳にはいきませんから。

   結婚生活で相手にいかに奉仕して過ごすか。これが最高に霊的な取り組みだとわたしは思っています。追々お話しできる機会があると思いますが、裸になるつもりで、このことをお話しましょう。

   毎回ブログの記事と取り組むときは、嘘偽りなくチャレンジです。自分の不甲斐無さもひっくるめて、自分の心の発達・成長ぶりをスピリチュアルな視点で検証しているのですから。

   わたしの初夢は、『タレントのベッキーが、「そんなに夫にあれこれ言ったら可愛そう」と、わたしに苦言をいってくる。云われたわたしは内心片腹痛いけれど、彼女の指摘通りと思っている。ついでに彼女の昨秋出版の本は良い本だとも。さすが20万部の売り上げも納得の良い本だ』という、一見トホホの夢です。

   去年の夫の初夢は、自動車を運転するヤンキーが、3才の子供をひき殺しそうになって、後先構わず自動車からヤンキーを引きずり出し、鉄拳制裁を加えるという、荒々しくもヒーロー活劇ものでした。

   去年夫はヤンキー並みにブーたれていました。それに先立つ初夢に、わたしは思わず、ラッキー!と内心叫んだものです。その前年、彼は身の不幸を嘆くばかりで元気なく、何を言っても受け取らず、悲嘆この上ない状態でしたから。そんな一昨年、言い過ぎれば、深刻になり、わたしにとっては針のむしろの日々でした。日がな一日顔付き合わせる相手の出方にハラハラドキドキ。。。。。彼が元気に生きるために、自分の態度をどうアラシメルか、結構難しい課題に取り組んでいた訳です。

   この夢は、ヤンキー並みに外に向かって不満を言える元気(?!)が、夫に出てきた証拠であり、その知らせのような夢です。それで去年の後半は、実況中継のようにいかに彼がヤンキーかを、ことあるごとに言いました。冗談めかして。わたしもヤンキーとなって。

   この冗談に乗ってくる程、彼も元気になってくれました。

   今年はその実況の必要が徐々に少なくなっています。彼が自分で気付いたからです。彼の興味が、あるひとりの著作に目を向かわせ、わたしがあれこれいわなくても自分で霊性のあり方を吟味し、反省し、正すべきことを知ったからです。

   わたしの理屈は夫に入らないけれど、著名人の本の言葉は入るのねと、揶揄したくなるけれど、夢のベッキーが云うように、もうわたしの苦言は量も質も少なくして良いようです。

   そう!わたしもベッキーが作った本並みに、受けも良く出来の良い本を書こうと決心したことでした。これは初夢の余録のようなものです。夫への態度を改めることと、執筆生活再開が、今年のわたしの計画です。初夢会に出席できたことで、今年の計画にメリハリをつけることが出来ました。

   自分を反省し、軽くなれれば、さらにお互い生産的でいられるというのが、わたしの考えるスピリチュアルライフです。気付きの連鎖が霊性を高めると。

   自分のことをあんまり真面目にお話できません。この位でご勘弁を。夫婦って好いですよ。一瞬一瞬の自分の心の鏡が目の前にいるのです。その鏡に映る自分の姿を、いかにケアー出来るか、それが最高のチャレンジだぁ!!!

   変則的初夢会の報告でした。  

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【2010/01/29 18:32 】
夢活用法 | コメント(0) | トラックバック(0)
行動してこそ、夢を生きる
     「行動してこそ、夢を生きる」

   ときどきネットで夢の記述を読むことがあります。

   そんな時、軽く哀しいキモチになることがあります。夢が伝えたいことと、その夢を書いて公表している夢主の、「こう読んで欲しい」という願いが、わたしにはずれて感じられる時です。

   でも、今朝、たまたま読んだこちらで、ほっとしました。

http://warp.typepad.jp/yumi/

   作詞家吉元由美さんのブログ2009年8月28日付けの「また少し、夢の話」です。

   「型にはまるな」、「ココで満足するな!」と受け取れた夢主さん。さすがです。


   そこで、夢を誤解している人の例をお話しましょう。

   結婚したいという夢を持っている人で夢を誤解している人は、大抵、夢でその伴侶が現れるまで待つというのです。予知夢を待つというのです。

   こんな話を聞くと言葉がありません。

   自分の夢、人生の夢を大切にする人は、伴侶を求めて行動します。出会いを自分に作る(創造する)行動に出ます。

   出会って、本当にこの人が伴侶かを判断するとき、後押しをしてくれる夢は見ることがあります。

   しかし、何処そこに行けば、「相手に出会うだろう」という夢は?どうでしょうか?。あったとしたら、その夢主さんはどこかでチャレンジができていたからでしょう。一種のご褒美からと思えます。

   さて、吉元由美さんの夢が言う創造性とは何でしょうね。社会の規範や眼に見える価値観でないことは、彼女の夢から伺えます。

   『横並びや、お仕着せではないんだよ』という創造性。彼女に取っても尋常じゃないチャレンジ。これを読んだわたしも、わたし独自の夢と創造性を生み出さなくちゃ!と思ったことでした。

   この原稿を打っている最中に、お世話になっているマジェンタの主宰者横山玲子さんが、双児の赤ちゃん(8月18日生まれ)の名前を知らせてくれました。歩夢(あゆむ)ちゃんに拓夢(ひろむ)ちゃん。

   なかなかのタイミングです。

   みなさまもご一緒に、母親の願い「一歩一歩現実を切り開きながら夢にむかってあゆむことのできる人」で、いましょう。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/08/29 13:33 】
夢活用法 | コメント(1) | トラックバック(0)
結婚賛歌
       「結婚賛歌」

     結婚相手が居て、心の異性が現れるのではなく、気付いていても居なくても、心の異性がいて、それが形になっている人を選んだのが結婚です。心のなかに異性が住んでいない人はひとりもいません。この「心のなかの異性」を見るのがどうしても怖いので、結婚できない人が急増しています。と、わたしは感じます。「心のなかの異性」は「理想の異性」とはちょっと違うのになあと、思います。です。。。。

    結婚は、結論から言えば、自己の統合を実現する機会づくりです。自分の心の片割れを、肉体を持って存在する結婚相手に見る訳で、結婚という形を通して、心の成長を確認するのです。

    結婚は心の統合などと抽象的な言葉を使うと、益々論理の中に埋没してしまいそうですが、残念、生きるとは現実そのもの、実際的なことです。この現実を現実にしてくれる最も修行に満ちた相手が、結婚生活の片割れです。(陰の声:こうなるとこの先読まない人がいそうですね(笑)。)

    ですから、夢に取りかかると直ぐに分かることは、最も聖なることが結婚生活での修行です。文章がうまく伝わるものになっているかどうか自信がありませんが、一応先に行きましょう。ここで聖なることは性だという一文を入れておきます。成長を促されている時、夢はとってもセクシャルです。

    ここに題として掲げた「結婚賛歌」はそういう意味です。自分が成長したかったら、結婚を考えること。結婚こそが自分の霊性磨きに取り組むことです。ですから、古来から結婚すると人は祝福します。

    生涯で一度は結婚しましょう。わたしは二度結婚していますが、どちらも結婚は実り豊かです。最初の結婚をやめたときはずいぶん落ち込みましたが、失敗だったと思ったことはありません。負け惜しみではなく、教科書通り。ふたりの間の問題が解決してしまえば、結婚生活は続きません。これについてはいつか夢がらみでお話しできる時が来るでしょう。(恐らく二度三度結婚している人は、その度に課題を終えていたのだと思います。気づいていないだけだと、わたしは思います。)

    という訳で、経験から申し上げます。万難を排して結婚相手と可能な限り一緒にいましょう。できうる限り、多くの時間を一緒に過ごして下さい。結婚生活内で起きる突然の錬金術の成果、劇的変化は目の前で見極めるしかないからです。これが見えると弾みがつきます。

    相手と居る時間が長くなると、お互いの成長は早まります。これも実感するしか無いのですが、相手の欠点が自分と関係ないと思っている間は、相手とふたりきりになる時間が苦痛です。(注:欠点磨きはダイヤモンドの研磨と同じに例えられます。)

    そして、成長すれば総てが平穏、波風立たない状況になるということもありません。生きている限り修行は続きます。喜怒哀楽は死ぬまで付いて回るでしょう。悟った後さえ付いてくるはずです。けんかもあり得るはずです。

    心の成長度合いは、ふたりでいる時間の長さで計れます。ふたりの時間が苦痛でなくなる度合いに比例して、心の統合は進んでいます。でも、これには条件があります。それは話し合うこと。それにどうしたって一緒に居たいと思えるようになります。だって、夢の世界から言えば、この世の滞在は一呼吸の間ですから。ふたりの修行は一呼吸の、その又何分の一かと言う短いものです。

    ところで、この統合のプロセスをひとりで辿ることだってできます。できるけれど、大変さは何倍にもなるはずです。自分の心の中で異性とけんかする状況を考えたら、その大変さは容易に分かります。

    だから、結婚しましょう。人間の身体はマッサージするようにできているとエドガー・ケイシーは言います。お互いにマッサージできる関係は結婚相手を置いて他にありません。

    わたしも山に生活していたはじめの頃、日がな一日夫と一緒でした。きつかったです。程なく、清掃の仕事が見つかって、ほっとしました。午前中だけの仕事でしたが。それでも、二人きりから解放されて、イライラしないで済みました。

    そんな一年半の後、入院騒ぎが起きて、再び二人だけの生活に戻りました。このときは以前よりずっと楽でした。お互い関係がタイトになって、相手を思いやる度合いが増したのです。

    振り返ってみると、18年あまりの結婚生活で、少しずつ二人でいる時間を長くしてきたように思います。

    そうやって得た平安は、鎌倉で程なく試練へ突入する訳ですが、状況が変わると、思いがけない問題が持ち上がります。空気を吸う者に無駄な時間は与えないものだと、感心しています。

    厳しい状況は依然変わらなくても、いま二人の気持ちは以前より楽になり、この楽さがそれに相応しい状況を創ってくれるでしょう。難しい状況に居ることができて、それを冷静に体験することで、次の変化が予想できます。共に生活できる相手が居てくれて、相手に自分を映せます。

    それを教えてくれるのが、夢です。夢を話し合うのは結婚相手をおいて他にありません。相手のテーマも自分のも良く分かります。それをネタに相手を励まし、自分も元気になる。それに反省も相手の前でできます。それが結婚生活です。

    どんな高邁な本を読むよりも、どんな優れたお人の講演を聴くよりも、目の前の結婚相手は自分の霊性のあり様を教えてくれます。相手に忍耐を持って接するとはどう言うことかを、身を以て示してくれます。そんな話しを新しい本に盛り込めたらよいのですが。何と言っても、等身大。ご期待にそえるように精進しましょう。

    何だかこなれていない文章ですね。この続きはまたいつか。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/06/05 06:03 】
夢活用法 | コメント(1) | トラックバック(0)
夢職人と納得したこと
       「夢職人と納得したこと」


   先日、美容師さんがわたしにカットをしながら、こんな会話をしてきました。

   「わたしのお客さんで、マジェンタの初夢会にでられた方が・・・・」

   このあと、美容師さんがおっしゃった詳細を思い出さないのですが、お得意さん連鎖の話しだったように思います。初夢会のゲスト講師としては、軽く緊張しました。この美容院はお得意さんだけでやっています。わたしも紹介してもらって客になりました。

   わたし、人の顔を覚えられません。不得意な『外見』に話しが及んだらお手上げです。案の定、どんな方ですかというわたしの問いに、「髪の長い人」という形容が。。。。。

   この美容師さんが、前もってお客さんに初夢会のことを話して下さったので、その髪の長い人は五ヶ月前初夢会に出席して下さったのです。失礼があってはならないと身を堅くしました。

   全く思い出す兆しもないまま降参するところでしたが、「その方の夢分かります?」と聞き返しました。このアイディア、自分から出たと思えない早さで言葉が出ていました。

   するとどうでしょう!これこれの夢ですと即答が?!美容師さんと顧客って他の業種には無い度合いで親しくなるものなんですね。

   夢が分かればこっちのもの。この夢主さんの大体の像が思い出せます。それで、この美容師さんと髪の長い人に付いて失礼のない話しを続けることができました。

   そのとき、美容師さんはわたしに「さすが!」とおっしゃってわたしを気持ち良くしてくれたのだと思いますが、わたしもこの自分に感心しました。わたしって夢職人だなぁと。それも一流かもね。言いっぱなしの、たまのうぬぼれは精神安定剤です(笑)。そうそう、美容師さんと、専門職特有の醍醐味についていっときワイワイやりました。やりましたぁ。。。。

   職人てこんなもんですよね。自分の分野ではものごとを尋常じゃないほどに記憶が良かったりするけれど、それを離れては普通。わたしなんかは普通以下(お会いした方が眼鏡をかけているかどうかも記憶に留まりません)。

   ものはついでです。他にも自分で「さすが夢職人!」と思ったことがあります。それは、10年前の夢でも、夢を話して下さるとそれを思い出せること。また、何年経っても夢の話しになると、その方が最初に話した夢を思い出せること。その上、最初の夢と現在の夢の変化がわたしの思考回路をフル回転させることです。これ以上はあまり言わない方が良いかもしれませんね。いろいろ分かります。その人のテーマってあまり変わらないので、過去と現在の両方の夢の違いで、その方の軌跡を垣間見られます。

   ここからが本題。先日も「わたしって夢職人だなぁ」と胸に沁みる体験をしました。夢を伺っているうちに夢に対するわたしの理解度がアップしたのを実感したのです。夢の話しをじっと聞いているうちに、何だか心がどんどん満たされて、なかから沸き上がる思いをそのままに。。。これだなと思ったのです。夢の話しを伺っているうちに、次元を超えた聖なる思いを体験していると思えたのです。

   こういうのを夢の神様と握手すると表現しているのですが、いつもは一瞬ですが、このときはじっくりゆっくりこの豊かな状態が続きました。思わずうれし涙が。。。。。

   これは理解度が上がったことだと、自分が自分に下せる評価です。その道の職人が、その道でしか下せないものかもしれません。とどのつまり、自分が自分にしか下せない評価でしょうか。これは画家である夫が、ときにある技術を習得できたとか言う、それと同じで、その道の専門家にしか分からない醍醐味です。その体験が降って湧いたようにありました。うれしかったです。その話をしましょう。

   恐らくその方との相性とか、夢の内容とか、様々な要因が理解度を上げてくれたのだとは思いますが。。。。。

   その方はその分野で特異な技術をお持ちです。このわたしの尊敬の眼も夢への理解度を上げてくれた要因のひとつでしょう。なんとも素敵なのは、ご自分の仕事を大切にされていること。その方に許可を戴いていないので、獏とした表現を使うしかないのですが、態度と振る舞いから仕事を通してこの世に奉仕をすることに一点の迷いも感じられないこと。それ以外には興味がおありにならないようで、技術を挙げることに夢中で居られること。謙虚なこと。すごいなぁと思います。わたしもそうありたいと、この方を思い出す度に身を正しています。 

   いくらか怪しげな話しに聞こえますか?夢は次元を超えた通信網です。夢が超意識から来ていることに一点も疑いを持たないわたしからすると、真我のその核から発せられている夢には、それを信じるだけで治癒の効果があります。そこには精妙な聖なる力がはたらいています。

   そのとき話題にあがったその方の夢には、亡くなられた息子さんが登場します。お互い霊として、夢の中で細やかなやり取りが、おふたりの間で続いているようでした。しかしこのやり取りを変化させる為に、わたしとの話し合いが必要だと、天の方で塩梅下さったのでしょう。

   いまこのときこの高い次元を超えた聖なる愛のやり取りは、この地球を救うだろうというのが、わたしの思いです。恐らく、いまこのとき多くの方がこれを体験されているのだろうと思っています。普通のこととして。。。。。話しが飛びましたか?

   あらゆる現象に感謝の念を持ちましょう。行き着くところはそれなのですが。目に見えない高次との愛のやり取りが、夢でも起こっています。それが益々濃く深くなっていると思えます。

   いままで言葉にすることはなかったけれど、考えてみれば当たり前のことでした。もともとわたしたちは霊(スピリット)としての存在なのですもの。 

   夢に関わってきて、わたしたちは次元を超えて大きく豊かに存在していると思えるようになりました。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/05/19 10:46 】
夢活用法 | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。