スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
意志を持った有機体の地球
     「意志を持った有機体の地球」

   何だかとてつもなく畏れおおい題かもしれませんが、いまの感想です。

   この3月4月の寒暖の激しさに、身も心も揺れに揺れています。でも、幸いなことに健康です。以前より健康です。だからどこがどうと愚痴もないのだけれど、ここに来て猛烈に眠いのです。

   そう遠くないところで、からっと目が覚めるのでしょうね。

   かなりいい加減な話しかも知れませんが、頭がはたらきません。
気合いが入らないのか、だらけているのか、怠慢の故なのか、どうしたもんかなぁと、そんな気分のまま時間だけは急速に過ぎて行きます。

   3月になって直ぐでした。海岸を散歩していたら、数人の伯父さんたちが波打ち際で、打ち寄せた昆布をたぐり寄せています。竿にV字形の針金を括ったり、木の枝を上手に加工したそれ用の道具を持って、ビニール袋一杯に昆布をとっていました。

   後で分かったことですが、大量に昆布が海岸に打ち寄せるのは、風が強く吹いた次の日か、地震の後です。最初に昆布取りを目にした日は、チリ地震の次の日でした。海底を大きな波が引っ掻き回して、海の宝の命をわたしたち人間に分けてあげようと、こうしておいしいワカメが海岸に打ち寄せるのでしょう。

   自然が、地球が、命の連鎖を起こしてわたしたちの命を育んでいる。何だかとてつもないことを、このたったひとつがトリガーとなって、意志ある地球のなさることを教えられたのでした。

   被害に遭われた方々は地球の反対側です。意志ある地球は、そこがかゆかったのかもしれません。或いは滞りを直したかったのかもしれません。もっと地球の命に関わる理由でことが起きたのかもしれません。自分が有機体なら、ワカメも有機体。それを育む海と一体の地球が有機体で、わたしと同じに意志を持っていると理解できなかったいままでの方がおかしいと、そう感じたのです。

   大きなことと小さなこと、雄大なことと矮小なこと、マクロにミクロが重なって、それが反転して、この小さなわたしという命が、惑星地球の意志に支えられてここに居ると、知ったとしたら変でしょうか。

   4年目の海辺の生活で、やっと海の何たるかが垣間見えた体験です。打ち寄せる昆布のなかのどれがワカメで、どうやって下処理をするか、袖振り合った見知らぬ人に教えてもらいました。

   滅多に無い漁父の利ですが、この生まれてはじめての経験から、「昆布」のシンボルが実生活に入り込んでいます。何に付けても「なんて有り難いのだろう」と、静かな平安が感情を揺さぶります。それだけでなく、悲しみと言えない哀しみ、哀れが胸の中央に居座ります。「昆布」は、感情の荒波をくぐり抜けて育つものを指します。

   この哀れは、この先にいけば、「こんなわたしを気づかって下さって、ただただ感謝の思いしかありません」とでも言えるような、感慨深い哀しみです。

   この感情は、どこか押し込んでいた情動なのでしょうか。まだ押し込んだままの哀れがあるのでしょう。それが、昆布のシンボルという、豊かな栄養を持つ感動なのでしょう。

   地震が続きます。天変地異が続きます。無くて良い異変ではなく、豊かな創造のための変化なのだと思います。小さな心では図ることのできない壮大なドラマが起きているのだと思います。

   静かな感動がそう教えてくれます。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【2010/04/24 07:06 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
祝「ミラクル・アートセラピー 人生は描き直せる」
「祝『ミラクル・アートセラピー 人生は描き直せる』」


   ご夫婦で15年も前、ドリームセラピスト養成講座の生徒さんだった吉田至叶人さん(http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3109869)が、アートセラピーの本を出版されました。


   「ミラクル・アートセラピー 人生は描き直せる」吉田至叶人著 
早稲田出版1800円


   感無量です。この本に載っている最初の絵は、彼がドリームセラピー実習で扱ったクライアント第一号の記念の一枚です。この本にはこの絵の解説は一行もありません。オフィス街の一角にポツンとバス停を示すポールが立っている絵です。

   去年の初夢会だったと思うのですが、その原画を吉田さんは会場に持ってこられて、みんなの前で見せてくれました。目に入った途端、このケースを内容付きで思い出し、曰く言い難い記憶の不思議を体験しました。


   この絵が描かれた場所は、高層ビルの最上階の役員室と聞いた覚えがあります。既に描き手は故人のようですが、ご伴侶に時経てお見せしたらしいことも伺った記憶があります。あの世とこの世に隔たったご夫婦をどのようにあの絵が結んだか、短いお話の中に美しいドラマがあったように記憶しているのですが。。。。。

   当時、決して優等生とは思えなかった吉田至叶人さんは、15年のコツコツコツコツを経て、扱ったケースを本にまとめ上げる幸運をつかみました。

   彼のアートセラピーとドリームセラピーの才能は、これで実証されたけれど、やはり、推薦文を書いて下さったC・W・ニコルさんの、吉田さんに対する信頼(それを創った尊敬できる仕事)の積み重ねが無ければ、形にはならなかったでしょう。

   1月23日のマジェンタの初夢会は、この吉田至叶人さんがリードします。

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/01/11 18:25 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
出会えた初日の出
       「出会えた初日の出」


 明けましておめでとうございます。

 今朝も年が明けたとはいえ、いつも変わらぬ朝です。が、ふと海に出てみようと思ったのです。ここの初日の出はどんなだろう、と。

 もう6時50分も過ぎようというその時になって、この心に浮かんだアイディアは一体誰からのものでしょう。 寝ている夫に声をかけ、初日の出を見ようと急ぎました。

 もう辺りはすっかり明けて見えましたが、日の出はまだのはずです。

 6時55分。海辺の国道に出ると、いつもは見ることの無い車の列が道の両側に縦列駐車中です。さて、知らぬは我ばかりなりで、ここは初日の出の名所のようです。カメラを持った方々が欄干に横並び、刻一刻と変わる景色を追っています。

 東の空、三浦半島上空は朝焼けの茜色。西の富士山は、日の出前の光で淡く神秘的な薄い桃色の雪化粧です。山の稜線にまだ隠れている太陽は、その存在をいやが上にも駆り立てるように、時間の経過とともに、周りの景色を茜色から白銀に変えて行きます。

 6時58分。稜線の割れ間に太陽の最先端がかかると、白銀の光線はあっという間に力を増し、その瞬間、光全体がピンクに変わって輝きました。

 それからは太陽が昇りきるまで、初日の出が出ききるまで、ド・ピンクと相成りました。

 太陽の周り、どのくらいでしょう。かなりの広さで景色がピンク色に染まって見えました。その後、ピンクの残像は目に焼き付き、家に帰り着くまで、目に入る景色はピンクで輝き、目に残る太陽の残像は幾つもピンクのまま残っていました。

 美しい。美しい初日の出でした。強い風にあおられて、波打つ海は大胆でしたが、周りは静かで、初日の出を分かち合った見知らぬ人たちも話し声も無く、感動と感謝のいっときでした。

 思わぬ奇跡のような景色をプレゼントされ、穏やかな気持ちになりました。この新しい年は、こんな美しい毎日が待っていると約束されたようです。

 みなさまにとっても、より良き年を迎えられたことでしょう。

 ゆったりと静かに過ごしてまいりましょう。

テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

【2010/01/01 18:13 】
あれこれ | コメント(2) | トラックバック(0)
今年を振り返ってみたら
       「今年を振り返ってみたら」

 鎌倉の海岸も、住んで3年半、様変わりしました。海岸線を走る国道は相変わらずですが、波が砂浜を駈け上がるその位置が上がっています。

 潮位が上がっているのでしょう。その所為で、国道の下になる崖がえぐられ、つい先日まで歩道の敷石が割れて砂浜に散乱していました。わずかに風情のあった5、60メートル程の砂丘を守る竹垣は、すっかり波にさらわれ、後には砂袋とコンクリートの殺風景な護岸工事が施されました。散歩できる砂浜の幅が狭くなりました。波に足をすくわれないように絶えず見届けながら歩くようになりました。

 引っ越してきた頃は、お世辞にもきれいとは言えない海岸でしたが、この頃ゴミが少なくなりました。

 昨日は、海岸でふたりだけの散歩でした!!!朝の9時過ぎは散歩にしては遅い時間ですが、海は凪ぎ、たったふたりのサーファーが貴重な波に乗って遊ぶ姿を遠くに見ながら、いつもよりずっときれいなブルーグリーンの海の色を楽しみました。

 ここもほぼ都会生活ですが、この頃なにげに景色全体が美しいと感じます。光が美しい。

 思いの外富士山を見ることは少なく、日本有数の富士山景勝地も名が廃る(?)ほどスモッグにはばまれ、全景を見るのはまれです。時に、群がり押し寄せるカメラマンに気の毒な程です。が、条件が良い時はさすがの景色です。

 今日は寒く風強く、富士山は真っ白で、斜面全体に粉雪が舞っているのでしょう。吹き荒れる雪の塊を身に纏っているお姿を拝見しました。

 海は荒れて、波頭は白くダイナミックです。その海は鈍色に違いないのだけれど、鋭角的なにびいろです。冴えた紺色と群青色が奥深くに横たわった、そんなにびいろ。いつになくきれいな冬の海です。

 ところで、夢に取り組みはじめた受講生が、富士山を夢に見ることがあります。わたしもドリームセラピストとして世に出る頃、富士山の登山口を歩く男性の姿を夢に見ました。日本人に取っては、富士山は心のふるさとであり、誇りなのでしょう。初夢の言い伝え、「一富士二鷹三なすび」は初夢でなくてもメッセージ性があります。

 滅多に振り返ることの無い人生なのですが、来年の為にきちんとけじめをつけようと、今年のはじめに思いを飛ばしてみました。今年のはじめはちょっとブルーでした。夫がしおれていましたから。

 そこではたと気づいたのです。今年一番ありがたいことは、夫とふたり一緒に心身の治療をお願いできる先生にご縁を戴いたことです。わたしひとりではどうもならないと、助けを求めました。今年の春まだ寒い頃からのご縁です。突っ張っていたつもりはないのですが。御陰さまで夫もわたしも元気になっています。

 助け助けられてはじめて人生が好転して行くのですね。愛はやり取りだとわたしは思っています。縦のやり取りではなく、横のやり取り。助けを求めることができて、ワークショップの機会も増えました。だからこそ、たくさんの方達にわたしなりの愛を差し出すことができるようになったのだと感じています。

 今日の富士山を見ながら、夢も現実も同じようにメッセージをくれるものだと、あらためて思ったことでした。威風堂々。人生の旅を続けます。

 年の暮れですが、初心に戻るための富士山の話でした。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/12/18 21:31 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
タダ有り難くて
       「タダ有り難くて」


 昨日は稲村ガ崎のどんぐり工房で夢の講座をしました。

 一昨日までこの工房は、稲村ガ崎・極楽寺アートフェスティバルの会場でした。毎年恒例の地域密着形秋のイベントです。

 どんぐり工房は、通りからはとても想像できない、贅沢なつくりです。

 江の電稲村ガ崎駅から10分ほどのその工房は、木製家具を飾った小さなお店に見えます。しかし、一階の木製家具ショールームを上がると、二階はアロマテラピーやフラワーエッセンスの製品が棚に飾られています。

 さらにそこを抜けると、庭に出ます。信じられない程に手入れの行き届いたエビネ欄が足元に。その花壇を中心に、季節の花々と樹々が異空間へとポンと出迎えてくれるのです。そこがどんぐり工房です。

 その庭の先、花を囲むように立てられた一棟のログハウスがセミナールームになっています。

 なかの内装はすべて、嘘いつわりの無い手作り家具ばかりです。ふたりがかりでも動かせそうにない分厚い木のテーブルが真ん中に、頑丈な椅子が4脚まわりを囲みます。それに使い勝手の良いアイランド形のシンク。料理教室も開いているセミナールームです。

 アートフェスティバルの期間中は、このセミナー棟の壁に夫坂内和則の原画を数点飾らせていただきました。一昨日それらの絵を搬出するはずでした。しかし工房の責任者が作られた、優しい味のネパールカレーをご馳走になって、搬出は昨日の講座の後となりました。

 御陰で昨日の講座は、その原画と対面しながら開くことができました。

 拙著「夢のメッセージ」の表紙絵を前にしながら、おふたりの受講生と何とも優雅でじんわり楽しい午前中を過ごしました。

 たった四回のどんぐり工房の夢講座ですが、受講生の方々の理解力には頭が下がります。

 そんなこんなで、何とも幸せです。

 受講生おふたりは、『過去を潔く捨てて、いま立っている場所、いま目の前の既に見えている新しい道に歩を進めること』がテーマでした。

 このテーマがわたしたち夫婦の背中を静かに押してくれます。

 受講生おふたりのように、はっきりとは現状を見えていなかったかもしれませんが、もう過去を振り返らない。わたしたちにはその覚悟が必要です。

 壁にかけた絵たちも静かにそう言ってくれています。

 先月のわたしの夢では、夫は死んでいました。ショッキングでしたが、納得します。

 納得して、どんなに安心したことでしょう!

 死の行程は5段階程あります。

 再生に向けて、このゆっくりした行程を丁寧に丁寧に行くことにしましょう。

 受講生おふたりの話は、仕事柄と環境の成せる技でしょう。芸術的でグローバルです。

 異空間のどんぐり工房で、いまここにいる感覚と、現状を外から見る感覚を、バランスの取れた思いで味わっています。


 タダ有り難くて、天に向かってお礼を言っています。

テーマ:夢に表れる心と身体と霊性の状態からその対処法を知る。 - ジャンル:心と身体

【2009/10/14 07:39 】
あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。